プロテオミクス・シンポジウム「プロテオミクス生物学の最先端技術」が下記の要領で開催される。最新情報は「バイオ関係者、皆のホームページ」学会・補助金欄、もしくはHot Newsの上フレームにある分野別Hot Newsセミナー学会を選択してアクセスできる。
バイオ関係の学会・セミナー情報は、毎日、午前・午後更新。どうぞ毎日2回以上ご確認ください。


●公的な学会、研究会の告知募集は無料掲載、企業が開催するセミナー告知は有料です。詳細はmiyata@nikkeibp.co.jpまでメールください。


プロテオミクス・シンポジウム

細胞機能の大規模解析
--プロテオミクス生物学の最先端技術--
Large-scale Analysis of Cellular Function
-Advanced Technology for Proteomic Biology-

期 日:平成17年1月27日(木)~28日(金)
会 場:都市センターホテル(東京、千代田区)
参加費無料、事前登録不要(定員200名)

文部科学省科学技術振興調整費による「遺伝子発現及び機能情報解析のための次世代プロテオーム解析システムの開発」プロジェクト(代表 東京都立大学 礒辺俊明)では、生命科学領域で先端的な研究を進めている大学や企業の皆様にプロジェクトの成果を公開する目的で、次のような公開シンポジウムを企画いたしました。多数の方々のご参加をお待ちしています。

ヒトをはじめとする生物のゲノム情報が整備されるにしたがって、その情報を活用した大規模な生命科学研究が大きな時代の流れになっています。この流れは、疾病マーカーの探索や病態解析に強力な技術と方法論を提供すると同時に、遺伝子の転写と翻訳からタンパク質の分解に至るプロセスや、細胞の増殖や分化を規定する各種の機能性複合体の実体など、細胞機能の骨格をなすタンパク質装置の構成や製造工程、作動原理を明らかにしつつあります。また、これらの装置を調節するシグナル伝達系を中心とした細胞のネットワーク解析の分野でも生命科学の革新的な発見をもたらしています。このシンポジウムでは、疾病マーカーの探索と病態解析、さらには細胞機能の分子基盤とそのダイナミクスを明らかにするためのプロテオミクスの最先端技術とともに、これらの技術を駆使した最新のプロテオミクス生物学の動向を取り上げます。

講演者(予定)
Walter Blackstock (University of Sheffield UK)
Jos Buijs  (Biacore AB Sweden)
Jyoti Choundhary (Sanger Institute UK)
Shao-En Ong  (University of Southern Denmark Denmark)
Matthias Wilm  (EMBL Germany)
稲垣 直之 (奈良先端大)
加藤 茂明 (東京大学 分生研)
清木 元治 (東京大学 医科研)
田中 啓二 (都臨床研)
中山 敬一 (九州大学 生体防御研)
夏目 徹 (産総研)
高橋 信弘 (東京農工大)
礒辺 俊明 (東京都立大学)


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
シンポジウムについてのお問い合わせは、
ビアコア株式会社開発部 橋本 せつ子
(Fax:03-3459-1085 Email:setsuko.hashimoto@biacore.co.jp)
東京農工大学大学院共生科学技術研究部 高橋 信弘
(Fax:042-367-5709 E-mail:ntakahas@cc.tuat.ac.jp)
東京都立大学大学院理学研究科化学専攻 礒辺 俊明
(Fax:0426-7-2525 E-mail:isobe-toshiaki@c.metro-u.ac.jp)
* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *