世界のバイテク作物の栽培状況研究については、毎年継続的に観測結果を発表している国際アグリバイオ事業団(ISAAA)が有名だが、米国ミネソタ大学の国際食糧・農業政策センターからも、「植物バイオテクノロジーの世界的な普及-2004年の国際的商業化と研究開発」と題された研究報告書が公表された。

この続きはFOOD・SCIENCEのサイトでお読みください(無料)。