日本農薬学会が12月16・17日、農家や農水省担当者、農薬反対運動家などを集めたシンポジウムを開く。昨今のおざなりのリスクコミュニケーションではない。講演者は各々、40~50分間、主張や考察を明らかにする。そのうえで、プログラム最後の約2時間、意見交換で“激突”する。これは、必見だ。(サイエンスライター 松永和紀)


 この続きはFOOD・SCIENCEサイトでお読みください(無料)。