ナノバイオのロードマップ素案に対するアンケート調査にご協力いただき、ありがとうございました。昨夜をもって調査は締め切りました。
 いろいろな規制に関しては、パブリックコメントが定着しましたが、案外、国家の研究戦略などに対する広く一般からの意見公募はないものです。今回、皆さんのご意見を、混迷を深めるナノバイオ研究戦略に反映させるため、BTJを使ってアンケートを実施中です。皆さんの見識を是非とも、ナノバイオの究開発ロードマップ作成に反映させてください。ウェブを使った研究開発戦略の策定という新しい試みを成功させるためにも、どうぞご協力ください。
 10分から20分で回答可能です。判らない質問は飛ばしていただいて結構です。包括的な質問ですが、皆さんが詳しい部分の回答だけでも参考になります。
 どうぞ下記をクリックして参加願います。皆さんの声をお聞かせください。
http://res.nikkeibp.co.jp/nanobio/

 日経BP社 バイオセンターでは現在、NEDO(独立行政法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構)から受託の受託で、「ナノバイオテクノロジー産業化推進調査」を実施しております。今夏にはナノバイオ関連分野の最先端研究者18名(産業界、大学、研究機関)にお集まりいただき、2度合宿を開催、「包括的ロードマップ素案」を作成いたしました。
 この素案に過不足はないか?また、戦略的な研究開発が必要と考えた3テーマは妥当か?皆さんのご意見を集めたいと思います。ナノバイオという学際的な領域の研究推進には、一人でも多くの方のご意見が不可欠です。また、こうした技術発展のロードマップを皆さんと共有することによって、研究の調和の取れた発展も可能になると確信しています。
 あえて、素案の段階でBTJの読者にうかがいたいと思ったのは、国家の戦略的な意思決定に皆さんも参画していただく機会になると考えたためです。明日のナノバイオの姿を現実化するために、どうぞ一人でも多くの方のご意見をお寄せ下さい。

 下記のサイトをクリックして、ご回答願います。
http://res.nikkeibp.co.jp/nanobio/

 Biotechnology Japan Webmaster  宮田 満


+iResearch++