***** seminarMLから情報転載 *****


 
臨床研セミナー[ 東京] 10/29/2004



以下のように臨床研セミナーを開催します。参加は自由ですのでふるって御参
加ください。

日 時: 平成16年 10月29日(金)  16:00~17:30
会 場: (財)東京都医学研究機構 東京都臨床医学総合研究所 2階会議室
(都営地下鉄南北線本駒込駅あるいは山の手線田端駅下車徒歩10分駒込病院奥)
演 題: レトロウィルスベクターを用いた医科学研究
演 者: 北村俊雄 教授
東京大学 医科学研究所 先端医療研究センター 細胞療法分野


【要旨】
演者のグループは効率の良い遺伝子導入法と発現クローニング法を利用してさまざまな研究を行っている。本講演では前半にレトロウイルスベクターを利用した機能性発現クローニング法の原理・汎用性を解説し、後半では実際に蛋白質の機能を指標にして同定した2つの分子について解説する。1つは細胞質分裂と細胞分化に関与するGAP蛋白質MgcRacGAP、そしてもう一つは造血幹細胞の増幅に関与する分子ISFである。


【参考文献】
Methods
Nature Biotechnol. (1999) 17: 487-490.
Proc. Natl. Acad. Sci. U.S.A. (2000) 97: 3062-3066.

MgcRacGAP-cell division and cell differentiation
Blood (2000) 96: 2116-2124.
J. Biol. Chem. (2001) 276: 5821-5828.
Dev. Cell (2003) 4: 549-560.
Blood (2004) in press.

Stroma-derived factors
J. Biol. Chem. (2001) 276: 27519-27526.
Nature Immunol. (2003) 4: 457-463.

連絡先
東京都臨床医学総合研究所
細胞生物
正井久雄
電話: 03-5685-2264
E-mail: hmasai@rinshoken.or.jp

--

Hisao Masai
Department of Cell Biology&s_comma;
Tokyo Metropolitan Institute of Medical Science&s_comma;
3-18-22 Honkomagome&s_comma; Bunkyo-ku&s_comma; Tokyo 113-8613&s_comma; JAPAN
Tel: 81-3-5685-2264; Fax: 81-3-5685-2932;
E-mail: hmasai@rinshoken.or.jp



seminarMLに関する情報は「バイオ関係者、皆のホームページ」特選MailingList_Forum欄でアクセスできる。