知的財産戦略推進本部が議論を重ねていた医療特許に関するパブリックコメント「医療関連行為の特許保護の在り方に関する専門調査会における「医療関連行為の特許保護の在り方について(とりまとめ)(案)」に関する意見募集 」が11月4日まで行われる。
 医療特許の是非を巡って、現在、わが国の学会、業界、法学者・特許関係者は厳しい議論を展開中だ。争点はずばり、医療特許新設によって保護対象となる実例が存在するか、そしてその利害得失である。今回のパブコメでは、賛成・反対の意見に加えて、医療特許によって恩恵を被る可能性のある実例など具体的な意見を求めている。
 パブコメの詳細と応募サイトはここをクリックしてアクセスできる。(宮田 満)


+オピニオン+++