専門情報サイト「プロテオーム」で、Virtual Seminar第43回が始まった。今回のテーマは、ViraPower Adenoviral Promoterless Gateway Expression Kit、SYBR Safe DNA Gel Stainなどの使用例の紹介だ。
 これらを用いて、1) 特殊なbeta-actinプロモーターを持つアデノウイルスをHepG2細胞に感染させ、目的タンパク質の十分量の発現、2) 安全性の高いSYBR Safe DNA Gel StainとEt-Brの検出感度とS/N比の比較及び定量性をルミノ・イメージアナライザーLAS-3000を用いて行っています。ぜひご参照ください。ぜひご参照ください。
 詳細はここをクリック 、左フレームのバーチャルセミナーを更にクリックしてアクセスできます。右フレームの一番下に表示されます。


+専門情報サイト+プロテオーム+