専門情報サイト「プロテオーム」で、Virtual Seminar第42回が始まった。今回のテーマは、BLOCK-iT Adenoviral RNAi Expression System、
MitoTrackerOrangeとSYBR Green I の使用例の紹介だ。
 これらを用いて、1)Gateway Systemで調製したアデノウイルスをヒト神経芽細胞腫に感染させ目的遺伝子を簡便に発現抑制、2)タバコ培養細胞のミトコンドリアとミトコンドリア核様体の様子を同時に感度よく生きたまま観察、を行っています。ぜひご参照ください。ぜひご参照ください。
 詳細はここをクリック 、左フレームのバーチャルセミナーを更にクリックしてアクセスできます。右フレームの一番下に表示されます。


+専門情報サイト+プロテオーム+