東京都は、食品安全情報評価委員会の専門委員会として、「健康食品」について検討する委員会を設け、その第1回会合を7日に開催した。食品安全情報評価委員会は、都民への食品の安全性に関する情報提供を目的とするものだが、この中で、健康食品について広範な知識を収集する必要性が指摘されたため。まずは、一般消費者への情報提供元となる医療関係者を中心に、健康食品関連の知識の浸透などを問う調査を実施する。

この続きはFOOD・SCIENCEのサイトでお読みください(無料)。