資源生物科学研究所90周年記念第21回資源生物科学シンポジウムが下記の要領で開催される。最新情報は「バイオ関係者、皆のホームページ」学会・補助金欄、もしくはHot Newsの上フレームにある分野別Hot Newsセミナー学会を選択してアクセスできる。
バイオ関係の学会・セミナー情報は、毎日、午前・午後更新。どうぞ毎日2回以上ご確認ください。


●公的な学会、研究会の告知募集は無料掲載、企業が開催するセミナー告知は有料です。詳細はmiyata@nikkeibp.co.jpまでメールください。


資源生物科学研究所90周年記念第21回資源生物科学シンポジウム

「比較生物学に基づくポストゲノムの展開」
- 機能性の解明と生物多様性の分化 -

日時:12月18日(土)9:20~16:40

場所:倉敷市立美術館講堂(倉敷市中央2丁目)

オーガナイザー 前川雅彦、最相大輔(岡山大学資源生物科学研究所)

プログラム
哺乳類を例とした比較ゲノム解析の諸手法(斎藤成也)
植物はいかに日の長さを認識しているのか?(井澤毅)
ムギ類の広域適応を可能にした遺伝子群の比較分子遺伝学(加藤鎌司)
イネ科作物の半矮性形質の機構と利用(最相大輔)
生物多様性におけるエピジェネティクスの意義(土生芳樹)
変異体から見た発生・分化の多様性(長戸康郎)

参加費/申し込み 不要

問合せはこちらにお願いします↓。

〒710-0046 倉敷市中央2-20-1岡山大学資源生物科学研究所
Tel. 086-424-1661 Fax 086-434-1249
Email: sympo@server.rib.okayama-u.ac.jp
http://www.rib.okayama-u.ac.jp/index-j.html