WTOとバイオセーフティ議定書は、グローバリゼーションや自由貿易の推進と環境の生物多様性の保護を目的とする二つの国際的フレームワークである。そして、GMOに関するそれらの思想的対立、内容の相克や妥協を巡る諸問題は、論者にとってなかなか魅力的なテーマであり、我が国も含め今までにも数多くの論考が発表されてきた。

この続きはFOOD・SCIENCEサイトでお読みください(無料)。