食品アレルギー問題に関係する食品メーカー、流通、医師、患者団体、消費者、研究者、保健行政が参加する「食物アレルギーパートナーシップ」が、今月中に東京都より特定非営利法人(NPO法人)の認証を受けて、正式に活動を開始する。食品アレルギーについての調査研究、情報収集や発信、食品アレルギー事故防止を巡るリスクコミュニケーション、アレルギー関連制度の改善を求める政策提言などを行っていく予定。(中野栄子)

 この続きはFOOD・SCIENCEサイトでお読みください(無料)。