専門情報サイト「プロテオーム」で、Virtual Seminar第40回が始まった。今回のテーマは、Mach1コンピテントセル、SuperScript RNA Amplification System、Lumio In-Cell Labeling Kitなどの使用例の紹介だ。
 これらを用いて、1) Mach1の増殖が速いことによる増殖時間の短縮、2) マイクロアレイに用いられる蛍光標識反応で高収率でより長いcRNA合成、3) U2OS細胞でCx43-Lumio融合タンパク質を発現させた後Lumio Green染色によりギャップ結合形成の同定、を行っています。ぜひご参照ください。ぜひご参照ください。
 詳細はここをクリック 、左フレームのバーチャルセミナーを更にクリックしてアクセスできます。右フレームの一番下に表示されます。


+専門情報サイト+プロテオーム+