日系企業18社が出資して中国の青島市に設立した青島食品安全研究所(事業会社:青島誠誉商品安全研究開発有限公司、中西豊董事長)が今月、食品検査事業を本格的に稼動させた。昨年11月に設立して以来、残留農薬検査と重金属検査を実施してきたが、このほど新たに遺伝子組み換え検査、アレルギー成分検査、抗生物質検査、微生物検査の対応が可能となり、フル稼働することになった。(中野栄子)

 この続きはFOOD・SCIENCEサイトでお読みください(無料)。