60回目を迎えた食品安全委員会では、主に合成樹脂製の容器包装に関する食品健康影響評価について検討。今後、広く利用される見込みの高いポリ乳酸を主成分とするものについては、個別規格の策定に向け、器具・容器包装専門調査会で審議していくこととなった。

この続きはFOOD・SCIENCEのサイトでお読みください(無料)。