ちょうど1カ月前の2004年7月27日、タイのグリーンピースは地方農場のパパイアを調べたところ、サンプルの一つがGMパパイアだったと発表した。耐病性GMパパイアを隔離試験栽培していた付近の国営農事試験場から販売された種子に混じっていたらしいという政府に対する告発である。

この続きはFOOD・SCIENCEのサイトでお読みください(無料)。