バイオ・ファイナンス・ギルド実習の現場からのレポートです。わずか3時間で、無細胞たんぱく質合成系の実習に成功、参加者は自信を深めています。こんなにも簡単に、たんぱく質が合成できることを実感しました。但し、実際大変なmRNAの調整は和研薬のスタッフが用意していただきました。
 現在、この慶応義塾大学先端生命科学研究所が、世界をリードしているメタボロームの講義と見学が始まったところです。
 この後、朝一番で行ったPCR反応の結果を確認、いよいよ未知たんぱく質遺伝子のクローニングと遺伝子解析の実験を始めます。いよいよ遺伝子操作本番です。80%以上の参加者が大学では文科系で、まったくの初心者ですが、現在のところなんとかこなしています。続報をご期待下さい。
 バイオファイナンスギルド(BFG)の詳細はここをクリックしてアクセスできます。(宮田 満@鶴岡)


+++++