専門情報サイト「プロテオーム」で、Virtual Seminar第39回が始まった。今回のテーマは、BLOCK-iT Adenoviral RNAi Expression System、Lumio Green Detection Kit、PCR Selection Kit-High Specificityなどの使用例の紹介だ。
 これらを用いて、1) Rat-1細胞を用いてshRNA発現ベクターとLipofectamine 2000により導入した場合とアデノウイルスによる目的遺伝子発現のノックダウンの比較、2) 酵母で発現させたLumio-tag融合タンパク質のIn Gel staining検出とWestern検出との比較、3) 4種類のTaq DNA polymeraseを用いてT cell receptor遺伝子のVDJ組換えについて4種のプライマーセットによるPCR検出比較を行っています。ぜひご参照ください。ぜひご参照ください。
 詳細はここをクリック 、左フレームのバーチャルセミナーを更にクリックしてアクセスできます。右フレームの一番下に表示されます。


+専門情報サイト+プロテオーム+