厚労省が昨年、メチル水銀を含有する魚介類の摂食について、妊婦などへ注意を呼び掛けて話題になったことは記憶に新しい。その後、FAO/WHO合同食品添加物専門家会議においてメチル水銀の暫定的耐容週間摂取量が引き下げられたことから、今一度この注意喚起に関して見直しが図られることになった。

この続きは、FOOD・SCIENCEサイトでお読みください(無料)。