第5回バイオビジネスコンペJAPANの応募受付を開始いたしました。

 昨年から、全国の大学と共催で実施しておりますが、今年は、金沢大学、立命館大学も加わり、14大学との共催となりました。

 第2次審査でもある「事前発表会」には、共催大学の先生からも審査委員を迎え、オールJAPANで、審査を行います。

応募は無料、締め切りは、11月9日です。
大学・研究機関、バイオベンチャーなど、皆様からのご応募をお待ちしております。

詳しくは、http://mic.e-osaka.ne.jp/biocompe/ まで。
応募企画書もホームページからダウンロードできます。


<第5回バイオビジネスコンペJAPAN 概要>

応募期間
2004年8月16日(月)~11月9日(火)
12月6日 事前発表会 2005年4月18日 本選会
主催 バイオビジネスコンペJAPAN実行委員会
{大阪府、大阪商工会議所、(社)関西経済連合会、
(株)大阪証券取引所、(財)大阪科学技術センター、
(財)千里ライフサイエンス振興財団、
大阪医薬品協会、彩都建設推進協議会、
国際文化公園都市(株)}

共催 北海道大学先端科学技術共同研究センター、
東北大学未来科学技術共同研究センター、
東北大学大学院医学系研究科、
東京大学医科学研究所、東京大学産学連携本部、
東京工業大学産学連携推進本部、
慶應義塾大学先端生命科学研究所、
金沢大学、名古屋大学産学官連携推進本部、
京都大学、大阪大学、
神戸大学イノベーション支援本部・連携創造センター、
奈良先端科学技術大学院大学、大阪府立大学、
立命館大学、九州大学産学連携センター

後援 北海道経済産業局、近畿経済産業局、
中国経済産業局、
国立循環器病センター、産業技術総合研究所、
(財)バイオインダストリー協会
NPO法人近畿バイオインダストリー振興会議、
大阪バイオサイエンス研究所、(財)大阪産業振興機構、
Biotechnology Japan

応募資格:応募分野に該当するビジネスシーズを基にした
ビジネスプランをお持ちの方

応募分野:
●バイオメディカル:医薬品、医療機器、
医療分析機器・システム、再生医療など
●バイオサイエンス:遺伝子、たんぱく質、
バイオインフォマティクスなど
●アグリバイオ  :微生物、遺伝子組換作物、機能性食品など
●ナノバイオ   :バイオチップ、DDS、生体適合材料関連、
医療用マイクロマシン関連など

※ ただし、健康食品、健康器具、生ごみ・排水等の微生物処理
は応募対象外とします。
応募は科学的根拠の明確なものに限ります。

※ 法人からのご応募の場合「シーズ・研究開発段階のビジネ
スプラン」や「新たな事業展開・ビジネスパートナーを
求めるためのビジネスプラン」が選考の対象となります。

賞金 最優秀500万円{2件程度}
優秀100万円{5件程度}
協賛企業特別賞

さらに応募によるメリットとして、
書類選考通過者には、「事業計画のアドバイス、
経営人材の紹介、資金相談」等が受けられる
「相談会」の紹介が受けられます。
また、協賛企業へのビジネスプラン発表などを通じて
「商談」の機会が得られます。


+ベンチャー+++