ゲノム創薬フォーラム 2004キーテクノロジーが下記の要領で開催される。最新情報は「バイオ関係者、皆のホームページ」学会・補助金欄、もしくはHot Newsの上フレームにある分野別Hot Newsセミナー学会を選択してアクセスできる。
バイオ関係の学会・セミナー情報は、毎日、午前・午後更新。どうぞ毎日2回以上ご確認ください。


●公的な学会、研究会の告知募集は無料掲載、企業が開催するセミナー告知は有料です。詳細はmiyata@nikkeibp.co.jpまでメールください。



ゲノム創薬フォーラム 2004キーテクノロジーお知らせ

日時:2004年9月6日(月)10:00~17:15
場所:京都リサーチパーク
テーマ:PharmacoProteomicsのキーテクノロジー
- Druggable Lead Hunting Technology -


2004キーテクノロジープログラム


10:00 - 10:15
Opening Remark 野口照久 ゲノム創薬フォーラム 代表

座長 辻本 豪三(京都大学大学院薬学系研究科)
10:15 - 11:05
「ゲノムからプロテオームへ」
西村 紀(シニア・フェロー、株式会社島津製作所)

座長 古谷 利夫(ファルマデザイン)
11:05 - 11:55
A comprehensive approach to assess target druggability
John Overington Ph. D. (SVP Drug Discovery Inpharmatica Inc.)

12:00 - 13:00
Luncheon Seminar (無料ランチ)
(1) Affymetrix : 新たなトランスクリプトーム研究ツールの紹介
(2) Biacore   : Biacoreを応用したプロテオミクス創薬の展開

13:00 - 14:00
展示ブース見学(出展、約20を予定)

14:00 - 15:00 最新技術紹介(各社15から20分)
・ タカラバイオ
・ サイファージェン 他

座長 田中 利男(三重大学医学部)
15:00 - 15:50
「ゲノミクス/プロテオミクス技術の創薬研究への活用」
木村 徹(住友製薬株式会社・ゲノム科学研究所)

15:50 - 16:40
「疾患プロテオミクス」
谷口 寿章 (徳島大学・分子酵素学研究センター)

座長 辻本 豪三(京都大学大学院薬学系研究科)
16:40 - 17:15
特別講演「目標は世界一だけ ?京都からの発信?」
堀場 雅夫 (株式会社堀場製作所・取締役会長)

懇親会:17:30~19:00 (会費:2000円)

ご挨拶
市野瀬 浩(京都バイオ産業技術フォーラム代表、日本新薬株式会社・取締役会長)
服部 重彦(株式会社島津製作所・代表取締役社長)

協賛
京都バイオ産業技術フォーラム
21世紀COEプログラム「ゲノム科学の知的情報基盤・研究拠点形成」
(金久實・拠点リーダー)

主催/参加申込 ゲノム創薬フォーラム
〒104-0032
東京都中央区八丁堀2-19-8 長谷工八丁堀ビル6階
TEL:03‐3523‐9633 FAX:03‐3523‐9631
shimada@pharmadesign.co.jp
参加申込・問い合せは事務局までお願いします。担当:島田