6月に韓国で起こったいわゆる生ゴミギョーザ事件がその後、日本の消費者の冷凍食品の購入行動に影響を与えていることが分かった。3分の2は購入頻度が「変わらない」としたものの、3分の1が「やや減った」及び「かなり減った」と答えている。この両者の行動の違いには何があるのだろうか。

この続きはFOOD・SCIENCEのサイトでお読みください(無料)。