***** seminarMLから情報転載 *****


以下の要領で第120回東京脂質談話会を行うことになりました。
皆様のご参加をお待ちしております。


日時 : 平成16年7月21日(水)午後6時~7時
会場 : 東京大学 医学部 1号館 3階 微生物学セミナー室(S311)
演者 : 深田吉孝 (東京大学大学院理学系研究科 生物化学専攻)
http://www.biochem.s.u-tokyo.ac.jp/fukada-lab/
演題 : G蛋白質のイソプレニル化による細胞内情報伝達の制御
要旨 : 3量体型あるいは単量体型のG蛋白質は、C15あるいはC20のイソプレノイドによって翻訳後に修飾されており、G蛋白質を介した情報伝達において重要な機能をもっていると考えられている。視細胞G蛋白質γサブユニットのファルネシル(C15)化はトランスデューシンの機能発現に必須であるが、その生理的役割には未だに謎がい。私共は、蛋白質間の情報伝達におけるC15の作用モードや、C20でなくC15である生理的意義について、光親和標識や遺伝子ターゲティングを用いた解析を通してin vitroとin vivoの両面から研究している。


共催:東京脂質談話会/第一製薬(株)
問い合わせ先:03-5802-2925
(東大医学部生化学 小林玲奈)

参考情報:
東京大学本郷キャンパスへの経路のご案内
http://www.u-tokyo.ac.jp/jpn/campus/map/map01.html
本郷キャンパスの案内図
http://www.u-tokyo.ac.jp/jpn/campus/map/map01/f13-j.html


******************************************
REINA KOBAYASHI

東京大学大学院 医学系研究科
分子細胞生物学専攻 細胞情報学
e-mail: reina-tky@umin.ac.jp
TEL: 03-5802-2925 FAX: 03-3813-8732
******************************************



seminarMLに関する情報は「バイオ関係者、皆のホームページ」特選MailingList_Forum欄でアクセスできる。