***** seminarMLから情報転載 *****


東京大学医科学研究所
学友会セミナーのお知らせ


開催日時:平成16年7月21日(水)  16:00 ~ 17:30
場所:  東京大学医科学研究所一号館二階会議室
講師:  Professor David I. Watkins
所属:  Department of Pathology and Laboratory Medicine
University of WisconsinA°|Madison U.S.A.
演題:  A dominant Role for CTL in AIDS Virus Sequence Variation

概要:David Watkins 教授は、アカゲザルとSIVの感染系をモデルにHIVワクチンの研究を精力的に進められております。SIV感染では個体内で宿主のCTL応答から逃れた変異ウイルスが早期に出現すること(Nature Medicine(2002) 8:493-9)、またその変異ウイルスはCTLによる選択圧のない個体では消失すること(Nature Medicine(2004)10:275-81)などを明らかにされています。これらの知見は特定のエピトープに焦点を絞り得られたものですが、今回はCTLが個体内における新たな変異ウイルスの出現・選択的増殖に及ぼす影響に関して、ウイルスゲノム全体の遺伝子解析をもとにウイルス遺伝学的・免疫学的アプローチにより得られた知見bィ話しいただきます。また、新たなCTL活性の測定法についてもご紹介いただきます。

世話人: 感染症分野     岩本 愛吉 (03-5449-5359)
炎症免疫分野    清野 宏


*********************************
渡辺 すみ子
東京大学医科学研究所染色体制御研究部
108-8639
東京都港区白金台 4-6-1
Phone 03-5449-5663/5664
FAX 03-5449-5474
e mail sumiko@ims.u-tokyo.ac.jp
http://www.ims.u-tokyo.ac.jp/moldev/
http://www.ken-ichiarai.com



seminarMLに関する情報は「バイオ関係者、皆のホームページ」特選MailingList_Forum欄でアクセスできる。