第17回日本Archaea研究会講演会プログラが下記の要領で開催される。最新情報は「バイオ関係者、皆のホームページ」学会・補助金欄、もしくはHot Newsの上フレームにある分野別Hot Newsセミナー学会を選択してアクセスできる。
バイオ関係の学会・セミナー情報は、毎日、午前・午後更新。どうぞ毎日2回以上ご確認ください。


●公的な学会、研究会の告知募集は無料掲載、企業が開催するセミナー告知は有料です。詳細はmiyata@nikkeibp.co.jpまでメールください。


日本Archaea研究会第17回講演会プログラム


期日:7月9日(金)、10日(土)
会場:独立行政法人産業技術総合研究所
つくばセンター共同講堂内2階大会議室

プログラム

7月9日(金)

13:00-13:10
開会の挨拶(幹事)

13:10-14:10
1 「新規Thermoplasmatales目分離株の系統分類学的研究」
○ 吉川直人12、高品知典2、伊藤 隆1
(1理研・系統保存、2東洋大・生命科学)
2 「プロピオン酸酸化共生培養系を利用して分離した科レベルで新規なメタン生成古細菌の菌学的特徴」
○井町寛之1、酒井早苗1、関口勇地2、鎌形洋一2、大橋晶良1、原田秀樹1
(1長岡技術科学大学、2産業技術総合研究所)
3 「嫌気共生培養系を利用した分子系統学的に新しいメタン生成古細菌の分離の試み」
○酒井早苗1、井町寛之1、鎌形洋一2、大橋晶良1、原田秀樹1
(1長岡技術科学大学、2産業技術総合研究所)
4 「タンパク質および有機酸のメタン発酵におけるバクテリアとメタン生成アーキアの共生」
○重松 亨、湯 岳琴、惠良 忍、小林 努、森村 茂、木田建次
(熊本大学・院・自然科学)
5 「メタン生成アーキアの水素分圧依存的な転写制御系の解析」
○新里尚也13、榎 美歩23、鎌形洋一3
(1琉球大・遺伝子実験センター、2海洋バイオ研、3産総研・生物機能工学)

14:10-15:10
6 「水素資化性メタン菌 Methanothermobacter thermautotrophicus のプロテオーム解析」
○榎 美歩13、新里尚也23、佐藤浩昭4、鎌形洋一3
(1海洋バイオ研,2琉球大・遺伝子実験センター,3産総研・生物機能工学,4産総研・環境管理技術)
7 「16S rDNA領域を用いたPCRによる高温土壌中微生物の群集解析」
○辻村昌也12、阿久津純一2、田島秀二1、河原林裕2
(1プレシジョン・システム・サイエンス株式会社、2産総研・生物機能工学)
8 「メタンハイドレート胚胎域海洋底深部堆積物中の微生物群集」
○布浦拓郎、稲垣史生、鈴木雅恵、高井 研、Kenneth H. Nealson、掘越弘毅、ODP Leg201 & 204 Scientific Party
(海洋研究開発機構・極限環境)
9S 「初期地球における超好熱リソトロフィックエコシステムの誕生にはメタノジェネシスと蛇紋岩化過程が必須であった」
高井 研
(海洋研究開発機構・極限環境)

15:10-15:30
休憩

15:30-16:30
10 「グリシルtRNA合成酵素(GlyRS)の祖先型化とその耐熱性」
○清水秀明1、横堀伸一1、大栗誉敏2、大島泰郎1、横川隆志3、西川一八3、山岸明彦1
(1東薬大・生命科学、2九大院・薬、3岐阜大・工・生命工)
11 「Automated purification of recombinant protein fused with hexa-histidine by magtration technology」
〇張 子蓮12、辻村昌也12 、阿久津純一2 、田島秀二1 、河原林裕2
(1プレシジョン・システム・サイエンス株式会社、2産総研・生物機能工学)
12 「好酸性超好熱古細菌由来タンパク質の発現と解析」
○中野新太12、阿久津純一2、久留主泰郎1、河原林裕2
(1茨城大・農、2産総研・生物機能)
13 「超好熱始原菌由来NiFeヒドロゲナーゼ成熟化因子の単離とin vitroにおける複合体形成」
○金井 保、平尾吉徳、今中忠行
(京都大・院・工)
14 「遺伝学的手法による超好熱菌のFructose-16-bisphosphataseの同定」
○佐藤喬章、今中洋行、Naeem Rashid、福居俊昭、跡見晴幸、今中忠行
(京都大・院・工)

16:30-17:42
15 「超好熱始原菌由来phosphoenolpyruvate carboxykinaseの機能解析」
○福田青郎、福居俊昭、跡見晴幸、今中忠行
(京都大・院・工)
16 「超好熱始原菌Thermococcus kodakaraensisに見出された新規キチン代謝経路」
○田中丈士1、福居俊昭2、藤原伸介1、跡見晴幸2、今中忠行2
(1関西学院大学・理工、2京都大・院・工)
17 「特殊環境における超好熱始原菌Thermococcus kodakaraensis由来プレニル二リン酸合成酵素の反応特性」
○山仲藍子1、広岡和丈2、馬場健史2、小林昭雄2、今中忠行3、福崎英一郎2、藤原伸介1
(1関西学院大学・理工、2大阪大・院・工、3京都大・院・工)
18 「超好熱始原菌Thermococcus kodakaraensisの生育下限温度における遺伝子の発現動態」
○吉田正也1、田中丈士1、金井 保2、今中忠行2、藤原伸介1
(1関西学院大学・理工、2京都大・院・工)
19S 「超好熱始原菌Thermococcus kodakaraensis KOD1株のゲノムから分かること」
○今中忠行、福居俊昭、金井 保、跡見晴幸
(京都大・院・工)

17:42-18:00
総会(司会:事務局)

18:00-20:00
懇親会

7月10日(土)

9:00-10:00
20 「高度好塩性古細菌Haloarcula属のレチナールタンパク質ファミリー」
○井原邦夫1、下野和美2、加茂直樹2
(1名古屋大・遺伝子、2北海道大・薬)
21 「好塩性古細菌における嫌気呼吸の制御メカニズム」
○足木謙一、永島右光、吉松勝彦、藤原健智
(静岡大・理)
22 「Halobacterium salinarumの凝集体形成への抗hAI抗体の効果」
○川上和孝、三浦健一、鵜澤武俊、中山 匡
(大阪教育大・教育)
23 「Haloarcula japonica ftsZ1 および ftsZ2 遺伝子の親株での発現と組換え型FtsZ1の性質検討」
○小澤一道、原科建依、八波利恵、中村 聡
(東京工業大・院・生命理工)
24 「高度好塩性古細菌 Haloarcula japonicaを用いた外来タンパク質生産」
佐藤元亮、折下圭太、羽鳥由信、高田 圭、若井宏倫、八波利恵、遠藤きみ子、○中村 聡
(東京工業大・院・生命理工)

10:00-11:00
25 「Halocin H7 存在下での Halorubrum sp. aus-1 細胞膜に見られる適応」
○野口悠紀1、水上 卓1、辻本和雄1、小西徹也2、Inmaculada Meseguer3
(1北陸先端科学技術大学院大・材料科学、2新潟薬科大学・応用生命科学、3Universidad Miguel Hernandez)
26 「好熱性Archaeaの培養温度変化に応答する膜脂質構造」
◯須貝昭彦1、宇田郁子1、伊藤俊洋1、伊藤佑子2
(1北里大・一般教育、2創価大・工)
27 「超好熱古細菌Pyrococcus horikoshiiの推定リジン生合成クラスターの高度好熱性真正細菌Thermus thermophilusを用いた機能解析」
○中村 顕、Tania Lombo、赤津裕一、星野貴行
(筑波大学・院・生命環境科学)
28S 「Flap endonucleaseの生体内での役割と基質認識」
〇松井えり子、阿部純子、横山英志、松井郁夫
(産総研・生物情報解析研究センター)

11:20-12:20
29 「アーキアのホルムアルデヒド固定酵素遺伝子産物の機能」
○折田和泉1、由里本博也1、阪井康能1、河原林裕2、加藤暢夫1
(1京都大・院・農、2産総研・生物機能工学)
30 「超好熱アーキアPyrobaculum islandicumのNAD依存性グルタミン酸脱水素酵素の構造と機能相関」
○大島敏久1、櫻庭春彦1、M. W. Bhuiya1、郷田秀一郎1、津下英明2、勝沼信彦2
(1徳島大学・工、2徳島文理大・健康科学研究所)
31 「超好熱古細菌Pyrococcus horikoshii OT3由来Acylphosphataseの熱安定性解析」
○宮園健一、田之倉優
(東京大・院・農生科)
32 「超好熱菌Pyrococcus horikoshii由来FEN-1の活性中心周辺に存在する芳香族性アミノ酸の触媒活性における重要性について」
〇阿部純子、松井えり子、横山英志、松井郁夫
(産総研・生物情報解析研究センター)
33 「超好熱性アーケアの部位特異的変異分子によるSRP・RNAとタンパク質結合」
高木健一、滝田樹里、宇田侑香里、○伊藤卓爾
(広島県大・生物資源)

12:20-13:08
34S 「超好熱好気性古細菌Aeropyrum pernix K1のtRNAアイデンティティー」
○岡本幸司1、岩城 隼1、横澤潤二1、長岡好之1、楳原琢哉1、土屋 渉1、永豊由加里1、原 進1、小山芳典2、河原林裕2、左子芳彦3、福田宏太郎1、久野 敦1、長谷川典巳1
(1山形大・理、2産総研、3京都大・院・農)
35S 「アーキアDNA 複製研究の世界の現状」
○石野良純
(九州大・農)

13:08-13:20
閉会の挨拶(代表または幹事)


尚、産総研施設見学会は9日11:00~12:00に、地質標本館見学ツアーを10日14:00~15:00に予定しています。