第22回日本ヒト細胞学会大会が下記の要領で開催される。




第22回日本ヒト細胞学会大会

1.会 期:平成16年8月6日(金)、7日(土)

2.会 場:東京慈恵会医科大学 大学1号館 三階講堂および五階講堂 (東京都港区)

3.評議員会:平成16年8月6日(金) 午後1時より 五階講堂

4.総 会:平成16年8月7日(土) 午後1時より 五階講堂

5.学術講演
(1)招請講演 Dr. Edward W. Scott (Shands Cancer Center&s_comma; University of Florida)
タイトル:A Current State-of-the-art on Hematopoietic Stem Cell Plasticity
(2)教育講演?.矢永 勝彦 (東京慈恵会医科大学 外科学講座)
タイトル:わが国における肝移植の適応と問題点
?.松藤 千弥 (東京慈恵会医科大学 生化学講座第2)
タイトル:アンチザイムの翻訳フレームシフト制御

6.シンポジウム
 世話人:佐藤嘉兵(日本大学生物資源科学部 動物細胞学教室)
主タイトル:ARTの進歩と今後の生殖医療
演者:寺田幸広(東北大学医学部産婦人科学教室)
「ヒト精子中心体の形成と受精における機能発現」
永井聖一郎(山梨大学医学部産婦人科学教室)
「卵のミトコンドリアについての研究」
柳田 薫(国際医療福祉大学 臨床医学研究センター)
「ICSIの受精障害」
斎藤英和(生育医療センター不妊診療科)
「Vitrification 法による、卵子・胚の凍結保存」
竹下直樹(東邦大学医学部産婦人科学第一講座)
「配偶子形成関連遺伝子と不妊」

7.ワークショップ
 世話人:安田 允(東京慈恵会医科大学 産婦人科学講座)
  田部井 功(東京慈恵会医科大学 外科学講座)
主タイトル:腫瘍学と細胞分子生物学 -基礎から臨床へ-
演者:武知貞士(大鵬薬品工業株式会社)
「5-FU系抗癌剤の感受性規定因子探索と測定技術の開発・導入」
小林克俊(東京慈恵会医科大学外科)
「XPC lymphoblastoid cells defective in the hMutSa DNA mismatch repair
complex exhibit normal sensitivity to UVC radiation and normal
transcription-coupled excision repair of DNA cyclobutane pyrimidine dimers」
植田政嗣(大阪医科大学産婦人科)
「婦人科癌における血管新生と分子標的治療」
坂本 優(佐々木研究所附属杏雲堂病院婦人科)
「婦人科悪性腫瘍の分子診断と臨床応用」
山田恭輔(東京慈恵会医科大学産婦人科)
「上皮性卵巣癌の分子標的治療を目指したDNA microarray-based comparative
genomic hybridization(CGH)解析」

8.市民公開講座
平成16年8月7日(土) 午後1時30分より「ヒト細胞を用いての医療とビジネス化、そして倫理」のテーマにて公開講座を開催致します。大会参加者は自由にご参加頂けますが、一般の方で市民公開講座のみ参加を希望される方は事前の申込が必要です。申込方法は下記をご参照下さい。
世話人:星野一正 京都大学名誉教授、元日本生命倫理学会会長
主タイトル:ヒト細胞を用いての医療とビジネス化、そして倫理
演者:西谷 巌(松誠会滝沢中央病院、日本ヒト細胞学会 倫理委員会委員長)
青木 清(上智大学、日本生命倫理学会)
中辻 憲夫(京都大学再生医科学研究所)
赤羽 健一(赤羽法律事務所 弁護士)
高村健太郎(株式会社メディネット 取締役COO)

9.ランチョンセミナー
平成16年8月7日(土)にランチョンセミナーを開催致します。

10.一般演題
口頭もしくは展示(ポスター)発表とします。最終的な採否および発表形式につきましてはプログラム委員会(安田 允委員長)にご一任下さい。
(1)申込資格:発表者(筆頭者)は日本ヒト細胞学会会員に限ります。
(2)演題申込:e-mailでのみ受付いたします。演題名、全演者名、所属、抄録(250 words 以内)を英文にて作成し、メールの添付ファイルとしてお送り下さい。フォントは11ptのTimes Roman体を基本とし、演題名のみをBold、所属はItalicとして下さい。演題名、演者名、所属は頭のみ大文字として下さい。ファイル形式はMicrosoft Word(2003以前のVersion)、WordPerfect(Version8以前)もしくはRTFとさせていただきます。お送りいただいたファイルはAcorobatのpdf形式に変換して返送いたしますので、文字化けやずれ等がないかご確認下さい。
(3)演題送付先:第22回日本ヒト細胞学会大会事務局(メールアドレス:taikai22@jikei.ac.jp もしくはtaikai22@human-cell.org)宛にお送り下さい。件名を「演題申込」とし、メール本文には「演題名」、「全演者名とそれぞれの所属」、「希望発表形式」、「連絡先」を記して下さい。
(4)演題締切:平成16年6月18日(金)必着です。
(5)口頭発表形式:口頭発表は発表7分、討論3分です。35mmスライドプロジェクター1台もしくはCD/DVDドライブを接続したコンピューターと液晶プロジェクターを用意致します。コンピューター用スライドはパワーポイントで表示できる形式で作製し、CD-RもしくはDVD-Rにてお持ち下さい。
(6)展示発表形式:幅90cm×高さ150cmのパネルを用意いたします。1演題につきパネル1枚もしくは2枚ご利用頂けます。但し、2枚は独立しており、幅180cmの一枚のパネルとしての利用は不可です。また、2枚必要な方は予めご連絡下さい。
(7)発表形式の詳細につきましては、改めて発表者に発表形式とともにご連絡致します。

11.大会参加費
大会参加費は一般(会員、非会員とも)10,000円、学生は2,000円です。学会当日に受付にてお支払い下さい。

12.懇親会
平成16年8月6日(金) 午後6時30分より東京慈恵会医科大学 高木2号館地下のリーベにて行います。懇親会費は2,000円です。参加される方は当日大会受付にて参加費と共にお支払い下さい。

13.市民公開講座の参加申込
市民公開講座のみの参加は無料です。但し、参加を希望される方は、必ず往復はがきにて、氏名、住所、年齢、連絡先(電話番号もしくはメールアドレス)、職業(もしくは学校名と学年)および「日本ヒト細胞学会 市民公開講座 参加希望」と明記の上、下記事務局宛にお申し込み下さい。但し、会場の関係で参加希望の方全員にご参加いただくことができない場合もありますので、予めご了承下さい。また、メールでの申込は受付いたしませんので、ご留意下さい。

14.連絡先
演題申込、問い合わせ等がありましたら、下記までご連絡下さい。
〒105-8461 東京都港区西新橋3-25-8
東京慈恵会医科大学 解剖学講座第2内
第22回日本ヒト細胞学会大会事務局
TEL:03-3433-1111 内2206
FAX:03-3433-2065
E-mail: taikai22@jikei.ac.jp もしくは taikai22@human-cell.org