***** seminarMLから情報転載 *****


東京大学医科学研究所  1. シンポジウム&s_comma; 2. セミナー(大学院生対象)


1.第31回医科学研究所シンポジウム
研究成果発表会
■ 研究成果発表会(1分間フラッシュトークによる研究成果発表及びポスター
掲示)
フラッシュトーク:  5月31日(月)13時30分~14時30分(講堂)
ポスター発表:  5月31日(月)10時30分~17時(アムジェンホール)
6月1日(火)10時~16時(  〃  )
説 明:  6月1日(火)11時~12時30分(アムジェンホール)
■ 創立記念シンポジウム「ポストゲノム時代の蛋白質研究」
6月1日(火)13時~17時(講堂)
プログラム
------------------------------------------------------------------------
開会の辞  山本  雅 所長 13:00-13:10
------------------------------------------------------------------------

司会    三木 裕明
1. 「ポストゲノム時代の蛋白質研究:プロテオミクスからのアプローチ」 13:10-13:50
礒邉 俊明 客員教授
(医科研 プロテオーム解析(ABJネillipore)寄付研究部門)

2. 「プロテオーム解析による細胞内シグナル伝達系の研究」 13:50-14:30
服部 成介 客員教授
(医科研 細胞ゲノム動態解析(ビー・エム・エル)寄付研究部門)

休  憩 14:30-14:50
司会     竹縄 忠臣

3. 「自然免疫の構造生物学」 14:50-15:30
稲垣 冬彦 教授 (北海道大学薬学部 構造生物学分野)

4. 「蛍光で探る細胞内シグナリング」 15:30-16:10
宮脇 敦史 教授 (理化学研究所 脳科学総合センター)

5. 「核内ステロイドレセプター転写共役因子複合体群の機能」 16:10-16:50
加藤 茂明 教授(分子細胞生物学研究所 核内情報研究分野)
------------------------------------------------------------------------
閉会の辞  清木 元治 管理系副所長 16:50-17:00
問い合わせ先:東京大学医科学研究所 研究助成係
電 話  03-5449-5751・5205
E-mail  ken-jo@adm.ims.u-tokyo.ac.jp
------------------------------------------------------------------------
詳細は以下URLをご参照ください。
http://157.82.98.20/imswww/Event/symposium040601-j.htm

2. 2004年テーマ 「感染の分子機構と防衛戦略」

------------------------------------------------------------------------
医科学研究所では、毎年テーマを決めて大学院生を対象としたセミナーを開
いている。 アンケート調査によってあらかじめ大学院生の希望を聞き、その
結果に沿ってテーマが 決定される。決定されたテーマに関していろいろな視点
から最先端の研究を展開して おられる方々に講師をお願いし、現在どのような
研究が進められていて、どこまで明らかに されているかが幅広く理解
できるように計画がたてられている。
------------------------------------------------------------------------
場所:医科学研究所講堂


日 時/講 師 名/演 題/担 当

6. 6/7 13:30~15:00 岩本 愛吉
東京大学医科学研究所・教授 HIV感染症におけるウイルスと宿主


7. 6/17 13:30~15:00 小原 道法
東京都臨床医学総合研究所・感染生体防御研究部門室長 C型肝炎ウイルスの
分子生物学とsiRNAによる感染制御 野阪

8. 6/27 13:30~15:00 飯 哲夫
(独)農業生物資源研究所・生理機能研究グループ長 植物ウイルス感染
に対する防衛戦略としてのRNAサイレンシング 伊庭

9. 6/28 13:30~15:00 下遠野邦忠
京都大学ウイルス研究所・教授 C型肝炎ウイルスの分子
ウイルス学 伊庭

10. 7/5 13:30~15:00 野本 明男
東京大学大学院医学系研究科・教授 ポリオウイルス感染の分子機構 河岡

11. 7/12 13:30~15:00 永田 恭介
筑波大学専門学群基礎医学系・教授 ウイルス複製と宿主因子 伊庭

12. 9/6 13:30~15:00 小野寺 節
東京大学大学院農学生命科学研究科・教授 プリオン病の発症に関する
分子機構 伊庭

13. 9/13 13:30~15:00 鎮西 康雄
三重大学大学院医学系研究科・教授 マラリア原虫の宿主細胞への感染の
分子機構 中村(義)

14 . 9/27 13:30~15:00 吉森 保
国立遺伝学研究所・教授 メンブレントラフィック:感染症と密接に関係
する細胞内の物流システム 笹川

15. 10/4 13:30~15:00 笹川 千尋
東京大学医科学研究所・教授 粘膜病原菌の感染と宿主応答
詳細は以下URLを御覧ください。
http://157.82.98.20/imswww/Event/DaigakuinSeminar2004-j.htm
==========================================================================
====

東京大学医科学研究所 メインHP
http://www.ims.u-tokyo.ac.jp/imswww/index-j.html
http://www.ims.u-tokyo.ac.jp/imswww/index-e.html

-----------
MASAKO ENOKI (Masako Konishi-Enoki)
The Graduate School of Medicine&s_comma;the University of Tokyo&s_comma;
Medical Doctoral Sciences Course (Ph.D)
E-meil:menoki_tky21@hotmail.com




seminarMLに関する情報は「バイオ関係者、皆のホームページ」特選MailingList_Forum欄でアクセスできる。