「バイオインフォマティクス教育の現状と課題」(東京大学理学部生物情報科学学部教育特別プログラム公開シンポジウム)が下記の要領で開催される。


東京大学理学部生物情報科学学部教育特別プログラム公開シンポジウム

日時:2004年7月27日(火) 13:00から17:00
場所:東京大学農学部弥生講堂(無料)
バイオインフォマティクス教育の現状と課題
- 新しい教育システム“ダブルメジャー”に向けた試み-

13:00 教育、研究成果報告
挨拶 理学系研究科長・理学部長 岡村定矩
生物情報科学学部教育特別プログラムの趣旨と経緯 高木利久
生物情報科学学部教育特別プログラムの教育・研究の現状 南康文
教育成果報告:生物情報科学実験(生物学実験) 高橋史峰
(プログラミング演習) 瀬々潤
教育の実際:モデル授業(情報システム概論) 萩谷昌己
研究成果報告:生命科学と情報科学の有機的融合 程久美子 森下真一

15:15 パネルディスカッション
~バイオインフォマティクス教育とダブルメジャー~
司会高木利久
パネリスト
産学界
江口至洋(三井情報開発株式会社常務取締役)
藤田芳司(東京医科大学臨床プロテオームセンター長)
ダブルメジャー教育
吉田眞(工学系研究科教育プロジェクト室)
生物情報科学学部教育特別プログラム教員
西郷薫
萩谷昌巳
生物情報科学学部教育特別プログラム修了生
高山順
洪淳祥

*事前登録制。参加希望者は7月20日(火)までにファックスまたはe-mailで氏名、所属、連絡先を送付してください。
FAX:03-5841-3045/E-mail:sympo@bi.is.s.u-tokyo.ac.jp (担当:澤山)