第9回微生物資源ワークショップが下記の要領で開催される。最新情報は「バイオ関係者、皆のホームページ」学会・補助金欄、もしくはHot Newsの上フレームにある分野別Hot Newsセミナー学会を選択してアクセスできる。
バイオ関係の学会・セミナー情報は、毎日、午前・午後更新。どうぞ毎日2回以上ご確認ください。


●公的な学会、研究会の告知募集は無料掲載、企業が開催するセミナー告知は有料です。詳細はmiyata@nikkeibp.co.jpまでメールください。


第9回微生物資源ワークショップ みどりの玉川大学にて開催!
http://www.tamagawa.ac.jp/sisetu/gakujutu/alsrc/sigen_index.htm

各 位
微生物資源ワークショップ
事務局 奥田 徹・星野達雄・沖 俊一
玉川大学学術研究所
菌学応用研究施設


第9回微生物資源ワークショップ「微生物探索の熱意」
Second Circular
Enthusiasm in exploring microbes

拝啓
初夏の候、ますますご清栄のことお喜び申し上げます。昨年好評だった経産省のバイオ人材育成システム開発「いま、わが国のバイオ産業の研究のトップは何を期待しているのか習得する」の新バージョンとして企画しました第9回微生物資源ワークショップの詳細が決定致しました。すでに30名の方の参加登録がございますが、ぜひさらに多数の方々のご参加をお待ち申し上げております。
敬具



日時:2004年6月19日(土)13:00-17:15
場所:玉川大学 研究室棟B104
主 催: 玉川大学学術研究所菌学応用研究施設 奥田 徹・星野達雄・沖 俊一
お問い合わせ: 〒194-8610 町田市玉川学園6-1-1 玉川大学学術研究所 奥田 徹
TEL & FAX 042-739-8669 (office)
torula@lab.tamagawa.ac.jp
募集人数: 先着70名
申し込み締め切り: 6月初旬予定
参加費:3000円
懇親会費:5000円

プログラム案
13:00 はじめに 沖 俊一、玉川大学
座長 奥田 徹
13:10 「Biofronteraの戦略、開発候補品と天然物ライブラリ(仮題)」
Dr. Friedlich Hansske、Managing Director Biofrontera Discovery Heidelberg、ドイツ
座長 沖 俊一
13:50 「海洋からの新規物質探索~採取の工夫からバイオコンビケムの活用」
池永 裕、海洋バイオテクノロジー研究所 所長
座長 星野達雄
14:30 「冬虫夏草由来天然物をリードとして創製された新規免疫抑制薬 FTY720」
千葉健治、三菱ウェルファーマ(株)創薬第三研究所所長
15:10 休憩
座長 沖 俊一
15:50 「微生物モデルを用いた微生物からの薬剤探索」
中野洋文、協和発酵工業(株)先端バイオ研究所長
座長 星野達雄
16:30 「探索の熱意~企業と大学から見る」 小島仲夫、名城大学薬学部衛生化学研究室教授
17:10 おわりに 奥田 徹、玉川大学
17:15 終了
17:30 懇親会 朔風館食堂にて
19:30 おひらき
以上




第9回微生物資源ワークショップ申込書

第9回微生物資源ワークショップの参加登録を致します。

□ ワークショップに参加します □ 懇親会に出席します
ご芳名
Name

ご所属
Affiliation


ご住所 〒


TEL
FAX
Email

ご芳名とご所属は英文を併記してください。