システム・バイオロジー研究機構、システム生物学関連の無料セミナーを9月18日に都内で開催

2003年8月1日 12:52

 システム・バイオロジー研究機構などは、システム生物学の研究用に開発された記述言語SBML(Systems Biology Markup Language)やソフト基盤SBW(Systems Biology Workbench)の概要と最新情報について、9月18日に東京台場の日本科学未来館で無料セミナーを開催する。翌19日には、「ERATO北野共生システムプロジェクト」に関するシンポジウムも開催する。



SMBL / SBW チュートリアル

【チュートリアル内容】
1. SBML 概要
2. SBML、SBW 準拠ソフトウェアの紹介

【演者】
Michael Hucka (ERATO北野共生システムプロジェクト&s_comma; カリフォルニア工科大学)
舟橋啓 (ERATO北野共生システムプロジェクト)

本チュートリアルは、システム生物学の分野におけるソフトウェア技術に関して、SBML (Systems Biology Markup Language) と SBW (Systems Biology Workbench) の概要と最新情報を紹介するものです。アジア地域で初のチュートリアルになります。

日時:2003年9月18日(木)午後
場所:日本科学未来館
参加:無料
主催:科学技術振興事業団 ERATO 北野共生システムプロジェクト、システムバイオロジー研究機構

今回、システム生物学の研究をする先端的ソフトウェア基盤としてのSBML、SBWを紹介する機会をこのように設けました。詳細なスケジュールは8月中にサイト上に掲載予定です。多くの方のご参加をお待ちしております。

ご質問やご要望は、sbw-sbml-tutorial@symbio.jst.go.jpまでお寄せください。


日経バイオテクについて
購読・メルマガお申し込み
日経バイオ年鑑2016

ランキング

1位
武田とアステラスと第一三共、健康成人のバイオマーカーを共同で解析
2位
リボミック、「今期は最低でも1つは導出をまとめる」と中村社長
3位
生化学工業の中期経営計画、椎間板ヘルニアで申請中のコンドリアーゼは2年超の審査に
4位
Wmの憂鬱、再生医療や遺伝子治療が求める診療報酬の革命【日経バイオテクONLINE Vol.2447】
5位
大鵬薬品が設立した米Taiho Ventures社の浅沼栄社長に聞く
6位
スイスNovartis社、製薬部門に2つの新たなビジネスユニットを創設
7位
米Biogen社、遺伝子治療と遺伝子編集技術でUniversity of Pennsylvaniaと提携
8位
国内外の製薬・バイオベンチャー500社の創薬パイプラインを分析
9位
グリーンペプタイド、今後はペプチドワクチン以外にも開発領域を広げる
10位
JCRファーマ芦田会長、「ライセンス事業を1つの核に」
1位
国内外の製薬・バイオベンチャー500社の創薬パイプラインを分析
2位
中外、大阪大免疫学フロンティア研究センターに10年で100億円拠出
3位
J-TEC、小澤社長の退任を発表
4位
ペプチドリーム、アミノ酸メーカーと戦略的提携を発表
5位
京都大学のVC出資の1号案件は、細胞検出と創薬、創薬支援
6位
第一三共、細胞治療に参入も「他家細胞治療は技術的に課題」
7位
グリーンペプタイド、今後はペプチドワクチン以外にも開発領域を広げる
8位
JCRファーマ芦田会長、「ライセンス事業を1つの核に」
9位
エーザイ、自社創製のグローバルブランド製品が成長
10位
政府、骨太方針で革新的医薬品の使用最適化など推進
1位
日経バイオテク4月25日号「リポート」、世界の医療用医薬品売上高トップ50(2015年)
2位
国内外の製薬・バイオベンチャー500社の創薬パイプラインを分析
3位
日経バイオテク4月25日号「特集」、腸内菌叢を標的とする創薬・治療法開発
4位
日経バイオテク4月11日号「リポート」、グローバル大手製薬のパイプライン
5位
日経バイオテク4月25日号「研究室探訪」(第4回)、アルツハイマー病の予防薬を目指す、Aβ、タウ、αシヌクレインの一網打尽
6位
伊藤勝彦の業界ウォッチ、2015年、海外大手製薬の決算―AbbVie社、Eli Lilly社、Merck社編
7位
アキュルナ、東大片岡教授の技術を用いて核酸医薬向けDDSの開発目指す
8位
先駆け審査指定の心臓内幹細胞、企業治験は2016年中に開始へ
9位
【菌叢特集連動2】、東大発ベンチャーTAK Circulator、皮膚菌叢事業が拡大
10位
京大医学研究科、製薬企業4社の寄付で創薬医学講座を開設

分野別ランキング

1位
中外、大阪大免疫学フロンティア研究センターに10年で100億円拠出
2位
米国政府など、マイクロバイオーム研究に1億2100万ドル以上を支給
3位
【連載】寛和久満夫の深読み科学技術政策(第119回)、江崎玲於奈の5カ条
4位
米Merck社、東大と創薬共同研究でパートナーシップ契約
5位
タカラバイオ、シングルセルの解析装置など手掛ける企業を買収へ
6位
北大、エクソソームがアミロイドβを除去する機構を研究中
7位
スペインValencia大学など、ヒト体細胞に6遺伝子を導入し生殖細胞様の細胞に変換
8位
京大医学研究科、製薬企業4社の寄付で創薬医学講座を開設
9位
ASGCT、ゲノム編集の新規オフターゲット切断箇所同定法を開発
10位
ASGCT、CRISPR/Cas9の臨床応用は「送達技術、修復機構制御、倫理的問題が課題」
1位
J-TEC、小澤社長の退任を発表
2位
京都大学のVC出資の1号案件は、細胞検出と創薬、創薬支援
3位
第一三共、細胞治療に参入も「他家細胞治療は技術的に課題」
4位
グリーンペプタイド、今後はペプチドワクチン以外にも開発領域を広げる
5位
JCRファーマ芦田会長、「ライセンス事業を1つの核に」
6位
エーザイ、自社創製のグローバルブランド製品が成長
7位
政府、骨太方針で革新的医薬品の使用最適化など推進
8位
厚労行政を斬る、臨床研究を医薬品開発につなげるためには
9位
ジーンテクノ河南社長、「早期の黒字化を目指す」
10位
田辺三菱、変形性関節症などを対象とした抗NGF抗体の国内でのフェーズIを開始予定
1位
内閣府ImPACTで表彰された赤パプリカ抽出物をグリコが事業化
2位
Monsanto社、Bayer社から買収提案があったことを認める
3位
日本栄養・食糧学会に2000人、ノーベル賞有力候補2人が武庫川で特別講演
4位
日本栄養・食糧学会の初の学生優秀発表賞に11題
5位
林原、独自3素材の健康機能性を栄養・食糧学会で6題発表
6位
長瀬産業、フラボノイドの腸管バリア保護機能を乳酸菌で強化
7位
国際アグリバイオ事業団 アグリバイオ最新情報【2016年4月】
8位
富士フイルムがNGSで腸内フローラ解析
9位
農芸化学会BS、キリンビール、食用酵母でトレハロース生産用αアミラーゼの大量生産に成功
10位
第19回トレハロースシンポに300人、京大が耐凍結乾燥性の機構検証
1位
国内外の製薬・バイオベンチャー500社の創薬パイプラインを分析
2位
ペプチドリーム、アミノ酸メーカーと戦略的提携を発表
3位
小野薬品、IDACセラノスティクスの抗CD4抗体のライセンスに向け契約
4位
ナノキャリア、エーザイから導入した薬剤を内包した医薬品のフェーズIを米国で今年度開始へ
5位
Biogen社、日本での遺伝子治療の開発も検討中
6位
武田とアステラスと第一三共、健康成人のバイオマーカーを共同で解析
7位
大腸癌の化学予防に道は開かれたのか
8位
Merck社の抗PD1抗体薬が進行胃癌に有望
9位
千葉大、カリフォルニア州に粘膜ワクチンと癌免疫の研究拠点設置へ
10位
日経デジタルヘルスより、「ナノマシン造影剤」、がんの悪性度を可視化
バイオ事業のご案内
広告お問い合わせ