システム・バイオロジー研究機構、システム生物学関連の無料セミナーを9月18日に都内で開催

(2003.08.01 12:52)
 システム・バイオロジー研究機構などは、システム生物学の研究用に開発された記述言語SBML(Systems Biology Markup Language)やソフト基盤SBW(Systems Biology Workbench)の概要と最新情報について、9月18日に東京台場の日本科学未来館で無料セミナーを開催する。翌19日には、「ERATO北野共生システムプロジェクト」に関するシンポジウムも開催する。



SMBL / SBW チュートリアル

【チュートリアル内容】
1. SBML 概要
2. SBML、SBW 準拠ソフトウェアの紹介

【演者】
Michael Hucka (ERATO北野共生システムプロジェクト&s_comma; カリフォルニア工科大学)
舟橋啓 (ERATO北野共生システムプロジェクト)

本チュートリアルは、システム生物学の分野におけるソフトウェア技術に関して、SBML (Systems Biology Markup Language) と SBW (Systems Biology Workbench) の概要と最新情報を紹介するものです。アジア地域で初のチュートリアルになります。

日時:2003年9月18日(木)午後
場所:日本科学未来館
参加:無料
主催:科学技術振興事業団 ERATO 北野共生システムプロジェクト、システムバイオロジー研究機構

今回、システム生物学の研究をする先端的ソフトウェア基盤としてのSBML、SBWを紹介する機会をこのように設けました。詳細なスケジュールは8月中にサイト上に掲載予定です。多くの方のご参加をお待ちしております。

ご質問やご要望は、sbw-sbml-tutorial@symbio.jst.go.jpまでお寄せください。


日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

  • 製造業ゲームチェンジ ― 「バイオエコノミー」の衝撃 <テクノロジーNEXT 2018>
    2018年6月13日(水)開催 [東京・御成門]
    セルロースナノファイバー、スマートセルインダストリー、DIYバイオなど、製造業でも台頭してきたバイオ関連技術が、自動車や電機、素材、エネルギー業界などに与えるインパクト。その将来性、応用可能性を探る。
  • 「日経バイオ年鑑2018」<新刊>
    最新データからわかる、バイオ分野の[開発][市場][産業]動向。バイオ事業戦略の頼れる味方。自社のR&D戦略を描くために、マクロな視点で将来を展望する一冊です。
  • 「バイオベンチャー大全 2017-2018」
    国内の未上場バイオベンチャーの企業データをすべて網羅しました。提携先を探し求める製薬会社にとって、投資先を探るベンチャーキャピタルにとって、自社の経営戦略を見極めるうえで有益となる重要情報を開示します。

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧