システム・バイオロジー研究機構、システム生物学関連の無料セミナーを9月18日に都内で開催

2003年8月1日 12:52

 システム・バイオロジー研究機構などは、システム生物学の研究用に開発された記述言語SBML(Systems Biology Markup Language)やソフト基盤SBW(Systems Biology Workbench)の概要と最新情報について、9月18日に東京台場の日本科学未来館で無料セミナーを開催する。翌19日には、「ERATO北野共生システムプロジェクト」に関するシンポジウムも開催する。



SMBL / SBW チュートリアル

【チュートリアル内容】
1. SBML 概要
2. SBML、SBW 準拠ソフトウェアの紹介

【演者】
Michael Hucka (ERATO北野共生システムプロジェクト&s_comma; カリフォルニア工科大学)
舟橋啓 (ERATO北野共生システムプロジェクト)

本チュートリアルは、システム生物学の分野におけるソフトウェア技術に関して、SBML (Systems Biology Markup Language) と SBW (Systems Biology Workbench) の概要と最新情報を紹介するものです。アジア地域で初のチュートリアルになります。

日時:2003年9月18日(木)午後
場所:日本科学未来館
参加:無料
主催:科学技術振興事業団 ERATO 北野共生システムプロジェクト、システムバイオロジー研究機構

今回、システム生物学の研究をする先端的ソフトウェア基盤としてのSBML、SBWを紹介する機会をこのように設けました。詳細なスケジュールは8月中にサイト上に掲載予定です。多くの方のご参加をお待ちしております。

ご質問やご要望は、sbw-sbml-tutorial@symbio.jst.go.jpまでお寄せください。


日経バイオテクについて
購読・メルマガお申し込み
日経バイオ年鑑2016

ランキング

1位
Lonza社、臨床グレードのiPS細胞株の品質管理評価に必要な検査について検討
2位
ペプチドリームが抗インフルエンザ薬の前臨床試験を開始
3位
Wmの憂鬱、NIHクリニカル・グレードとiPS細胞ストックの微妙な違い【日経バイオテクONLINE Vol.2473】
4位
欧州医薬品庁、細胞療法Zalmoxisの条件付き製造販売承認を推奨
5位
「ベンチャーでも導出には億単位の投資は必須」とボナックの林社長
6位
富士フイルム、米国フェーズIで放射標識抗腫瘍抗体FF-21101の固形癌集積を確認
7位
Wmの憂鬱、NIH、クリニカル・グレードのヒトiPS細胞をとうとう供給へ【日経バイオテクONLINE Vol.2471】
8位
アピ、岐阜薬科大との共著論文で初の機能性表示食品
9位
日経バイオテク6月27日号「業界こぼれ話」、医療提供体制の改革に戦々恐々の製薬企業
10位
日経デジタルヘルスより、バイエル薬品、デジタルヘルス技術支援の公募プログラムで表彰式
1位
日経バイオテク6月27日号「特集」、骨髄由来の高機能な細胞集団が続々
2位
日経バイオテク6月27日号「リポート」、第19回米遺伝子細胞治療学会(ASGCT)現地報告
3位
伊藤勝彦の業界ウォッチ、2015年、世界の生物学的製剤の売り上げランキング
4位
Wmの憂鬱、NIH、クリニカル・グレードのヒトiPS細胞をとうとう供給へ【日経バイオテクONLINE Vol.2471】
5位
PMDA、エクソソームの薬事上の扱いに関して見解
6位
日経バイオテク6月27日号「編集長の目」、再生医療実用化へ、研究開発競争激化
7位
「ベンチャーでも導出には億単位の投資は必須」とボナックの林社長
8位
そーせい子会社が新たなパイプラインを公開
9位
第一三共、中枢神経疾患の再生医療向けに歯髄幹細胞利用でオプション権契約
10位
アステラス、プロモーションコード違反などで英製薬工業協会から1年間の資格停止
1位
日経バイオテク6月13日号「リポート」、国内大手製薬企業の2015年度の業績
2位
伊藤勝彦の業界ウォッチ、2015年、世界の生物学的製剤の売り上げランキング
3位
【訂正】日経バイオテク6月13日号「特集」、創薬ベンチャーの導出契約
4位
「いつかはあると思っていた」と退任するJ-TECの小澤社長
5位
日経バイオテク6月27日号「特集」、骨髄由来の高機能な細胞集団が続々
6位
Wmの憂鬱、StemCells社の挫折、再生医療を夢見る時代の終焉【日経バイオテクONLINE Vol.2461】
7位
ペプチドリーム、16社中5社と低分子を出口に共同研究開発を実施中
8位
厚労省研究班、iPS細胞の造腫瘍性評価で全ゲノム解析は求めず
9位
StemCells社、ヒト成人神経系幹細胞のフェーズIIを中止
10位
Wmの憂鬱、抗PD-1抗体vs抗PD-L1抗体、巨大市場癌免疫療法の勝者はどちらか?【日経バイオテクONLINE Vol.2458】

分野別ランキング

1位
遺伝研上田氏、「Gene Driveの研究には封じ込めが重要」
2位
【連載】「今日から変える!知財との付き合い方」(第5回)、アカデミアがなぜ特許を出願する必要があるか
3位
QIAGEN社、Weill Cornell Medicineと協力し54都市で微生物マップ作製
4位
ヤクルト本社と東工大など、乳児期優勢のビフィズス菌は母乳オリゴ糖FLを利用
5位
竹中工務店、バイオクリーン・バイオセーフティ実験施設を本格稼働
6位
金沢大華山教授、「エクソソーム研究の進展には基盤整備が重要」
7位
NCNPなど、認知症のリスク因子の研究のため健常者登録システムを構築
8位
【連載】中谷智子弁理士の「今日から変える!知財との付き合い方」(第1回)「知的財産を事業に生かす」
9位
【連載】ここが変だよ、日本のアカデミア(第20回)、「研究時間が無いのはなぜ」(その1)
10位
第20回腸内細菌学会に最多の600人、大会長はわかもと製薬
1位
PMDA、エクソソームの薬事上の扱いに関して見解
2位
アステラス、プロモーションコード違反などで英製薬工業協会から1年間の資格停止
3位
そーせい子会社が国内の再生医療ベンチャー向けファンドを設立
4位
英国の国民投票を受けた英国や欧州製薬団体の反応は
5位
【連載】寛和久満夫の深読み科学技術政策(第124回)、英国のEU離脱の影響
6位
Sanofi社とBI社が動物薬と一般薬事業を交換
7位
PMDA、再生医療製品等審査部部長に猿田克年氏
8位
ペプチドリーム、16社中5社と低分子を出口に共同研究開発を実施中
9位
化血研新理事長に早川堯夫・近畿大学薬学総合研究所所長
10位
リプロセルは細胞販売から再生医療製品の開発に事業展開を急ぐ
1位
林原が水溶性食物繊維の米GRAS認証取得、海外事業化のパートナーに注目
2位
John Innes Centre、イネの収量を50%増加させる蛋白質を発見
3位
アピ、岐阜薬科大との共著論文で初の機能性表示食品
4位
理研CSRSとマレーシア科学大、天然ゴム樹木のゲノム解読を論文発表
5位
日健栄協の技術部会、新規健康強調表示を抗加齢医学会で提案
6位
「そこそこのデータならNature誌に発表するのも良いが」
7位
Max Planck Institute、アルテミシン酸をタバコで大量発現に成功
8位
不二製油、安定化DHA・EPA素材を世界で初めて来年事業化
9位
1日2個のキウイで便通改善、NZのZESPRI社が3カ国共同のヒト試験を推進
10位
資生堂が粉体表面修飾でDアミノ酸分析、Dグルタミン酸は皮膚のバリア機能に寄与
1位
伊藤勝彦の業界ウォッチ、2015年、世界の生物学的製剤の売り上げランキング
2位
「ベンチャーでも導出には億単位の投資は必須」とボナックの林社長
3位
そーせい子会社が新たなパイプラインを公開
4位
第一三共、中枢神経疾患の再生医療向けに歯髄幹細胞利用でオプション権契約
5位
日本化薬と三菱ガス化学、「バイオ医薬の製造コスト低減目指す」
6位
アステラス、東大医科研清野教授と経口コメ型ワクチンの共同研究
7位
Lonza社、臨床グレードのiPS細胞株の品質管理評価に必要な検査について検討
8位
CDI社、米研究所と他家iPS細胞由来RPEの共同研究開始
9位
ペプチドリームが抗インフルエンザ薬の前臨床試験を開始
10位
資生堂、男女の脱毛症に自家毛根鞘細胞を移植する臨床研究開始へ
バイオ事業のご案内
広告お問い合わせ