システム・バイオロジー研究機構、システム生物学関連の無料セミナーを9月18日に都内で開催

2003年8月1日 12:52

 システム・バイオロジー研究機構などは、システム生物学の研究用に開発された記述言語SBML(Systems Biology Markup Language)やソフト基盤SBW(Systems Biology Workbench)の概要と最新情報について、9月18日に東京台場の日本科学未来館で無料セミナーを開催する。翌19日には、「ERATO北野共生システムプロジェクト」に関するシンポジウムも開催する。



SMBL / SBW チュートリアル

【チュートリアル内容】
1. SBML 概要
2. SBML、SBW 準拠ソフトウェアの紹介

【演者】
Michael Hucka (ERATO北野共生システムプロジェクト&s_comma; カリフォルニア工科大学)
舟橋啓 (ERATO北野共生システムプロジェクト)

本チュートリアルは、システム生物学の分野におけるソフトウェア技術に関して、SBML (Systems Biology Markup Language) と SBW (Systems Biology Workbench) の概要と最新情報を紹介するものです。アジア地域で初のチュートリアルになります。

日時:2003年9月18日(木)午後
場所:日本科学未来館
参加:無料
主催:科学技術振興事業団 ERATO 北野共生システムプロジェクト、システムバイオロジー研究機構

今回、システム生物学の研究をする先端的ソフトウェア基盤としてのSBML、SBWを紹介する機会をこのように設けました。詳細なスケジュールは8月中にサイト上に掲載予定です。多くの方のご参加をお待ちしております。

ご質問やご要望は、sbw-sbml-tutorial@symbio.jst.go.jpまでお寄せください。


日経バイオテクについて
購読・メルマガお申し込み
日経バイオ年鑑2016

ランキング

1位
塩野義、ペプチドリームと共同研究開発契約
2位
日本医大とNCNP、DDSを利用したエクソンスキッピングの治療で日本新薬と共同研究開始へ
3位
キーワード、中分子創薬
4位
米国政府、癌撲滅目指すCancer Moonshotイニシアチブに10億ドルを提供
5位
日経バイオテク2月1日号「リポート」、2016年バイオ企業番付
6位
適応外薬8剤が「必要性基準」に該当、厚労省検討会議
7位
日経バイオテク2月1日号「特集」、2016年度のバイオ関連予算
8位
ImmunoGen社とMerck社、抗体薬物複合体とペンブロリズマブを卵巣癌治療に用いる臨床試験実施へ
9位
厚労省第一部会、6品目の一部変更を了承
10位
ChemChina社、Syngenta社を430億ドルで買収へ
1位
日経バイオテク2月1日号「リポート」、2016年バイオ企業番付
2位
協和キリン、核酸医薬と再生医療を新たな創薬の柱に
3位
東北大出澤教授、「Muse細胞が損傷部位に遊走する機序を解明」
4位
伊藤勝彦の業界ウォッチ、武田薬品、糖尿病などの創薬研究を中止するに至った背景とは
5位
アステラス、国内ベンチャーから網膜色素変性症の遺伝子治療を導入
6位
日経バイオテク2月1日号「特集」、2016年度のバイオ関連予算
7位
伊藤勝彦の業界ウォッチ、エーザイ、事業再編加速し中枢と癌に集中
8位
阪大蛋白研発ベンチャーのマトリクソーム、ニッピ、OUVCなどが増資を引き受け
9位
中外、環状ペプチドなど中分子創薬を「第3の柱」に
10位
日経バイオテク2月1日号「リポート」、2015年の国内製薬企業の株価動向
1位
日経バイオテク2月1日号「リポート」、2016年バイオ企業番付
2位
日経バイオテク2月1日号「特集」、2016年度のバイオ関連予算
3位
日経バイオテク1月18日号「特集」、2015年の国内バイオ市場
4位
山中所長、「臨床研究か治験かはケース・バイ・ケースで選ぶべき」
5位
伊藤勝彦の業界ウォッチ、製薬各社、2016年の見どころ―大手編
6位
中外、環状ペプチドなど中分子創薬を「第3の柱」に
7位
協和キリン、核酸医薬と再生医療を新たな創薬の柱に
8位
タカラバイオ、羽田空港隣接のライフイノベーションセンターにCPC設置へ
9位
第一三共、バイオシミラー開発は品目によって明暗
10位
伊藤勝彦の業界ウォッチ、製薬各社、2016年の見どころ―中堅編

分野別ランキング

1位
東北大出澤教授、「Muse細胞が損傷部位に遊走する機序を解明」
2位
蛋白質の受託製造、樹立したハイブリドーマの権利は誰が持つか?
3位
Francis Crick Institute、ヒト初期胚にCRISPR/Cas9の遺伝子編集を含む実験を実施へ
4位
【連載】寛和久満夫の深読み科学技術政策(第103回)、人工知能の使い方
5位
「製薬業界は『空前のイノベーション』のさなかにある」
6位
長崎大、感染症の早期警戒システムを開発
7位
阪大発ベンチャーのSmart Primerが簡便・安価なリアルタイムPCR法
8位
国がん、食道癌前癌病変から幹細胞を同定
9位
阪大と遺伝研などが200kbpをノックインできるゲノム編集技術
10位
【山本研ゲノム編集アップデイト(8)】米Broad Institute、CRISPRによる順遺伝学的スクリーニング用システムを大幅改良
1位
協和キリン、核酸医薬と再生医療を新たな創薬の柱に
2位
厚労省、新規BRAF阻害薬やMEK阻害薬の承認を了承
3位
島根大発ベンチャー、他家間葉系幹細胞製剤の開発目指す
4位
文科省が創薬支援の後継策を検討、製薬企業や研究機関が意見交換
5位
日経バイオテク2月2日号「リポート」、2015年バイオ企業番付
6位
日東電工、医薬品の事業化で米国に子会社設立
7位
【新連載】厚労行政を斬る(第1回)、化血研事件の教訓は何か
8位
厚労省のゲノム医療TF、医療とDTCの線引きなど議論
9位
【連載】寛和久満夫の深読み科学技術政策(第101回)、知財で儲けないという選択
10位
バイオシミラー議連、基本法案の取りまとめは来年以降
1位
生物研の組換え蛍光シルク、緑に続き青と橙も群馬でカイコ飼育へ
2位
群馬「カイコ産業の未来」第8回シンポは2週前に定員超過
3位
弘前大、siRNA供与穂木でジャガイモをエピゲノム編集
4位
ChemChina社、Syngenta社を430億ドルで買収へ
5位
味の素、ロイシン40%必須アミノ酸が歩行能力を改善
6位
Massachusetts州立大学Amherst校、植物が土壌中の微生物を認識する蛋白質を解明
7位
DuPont社とADM社、フルクトースからフランジカルボン酸を生産するプロセスを開発
8位
サラダコスモ、岐阜県と開発した生鮮機能性表示食品を4月発売
9位
食安委、第1回アクリルアミドWGを2月1日開催
10位
日経バイオテク5月7日号「特集」、農作物の新しい育種技術
1位
伊藤勝彦の業界ウォッチ、武田薬品、糖尿病などの創薬研究を中止するに至った背景とは
2位
アステラス、国内ベンチャーから網膜色素変性症の遺伝子治療を導入
3位
伊藤勝彦の業界ウォッチ、エーザイ、事業再編加速し中枢と癌に集中
4位
阪大蛋白研発ベンチャーのマトリクソーム、ニッピ、OUVCなどが増資を引き受け
5位
中外、環状ペプチドなど中分子創薬を「第3の柱」に
6位
国がんとPMDAが包括的連携協定を締結
7位
塩野義、ペプチドリームと共同研究開発契約
8位
日本医大とNCNP、DDSを利用したエクソンスキッピングの治療で日本新薬と共同研究開始へ
9位
山中所長、「臨床研究か治験かはケース・バイ・ケースで選ぶべき」
10位
米Illumina社、シーケンシングを利用したHLAタイピングの解析技術を持つ企業を買収
バイオ事業のご案内
広告お問い合わせ