システム・バイオロジー研究機構、システム生物学関連の無料セミナーを9月18日に都内で開催

2003年8月1日 12:52

 システム・バイオロジー研究機構などは、システム生物学の研究用に開発された記述言語SBML(Systems Biology Markup Language)やソフト基盤SBW(Systems Biology Workbench)の概要と最新情報について、9月18日に東京台場の日本科学未来館で無料セミナーを開催する。翌19日には、「ERATO北野共生システムプロジェクト」に関するシンポジウムも開催する。



SMBL / SBW チュートリアル

【チュートリアル内容】
1. SBML 概要
2. SBML、SBW 準拠ソフトウェアの紹介

【演者】
Michael Hucka (ERATO北野共生システムプロジェクト&s_comma; カリフォルニア工科大学)
舟橋啓 (ERATO北野共生システムプロジェクト)

本チュートリアルは、システム生物学の分野におけるソフトウェア技術に関して、SBML (Systems Biology Markup Language) と SBW (Systems Biology Workbench) の概要と最新情報を紹介するものです。アジア地域で初のチュートリアルになります。

日時:2003年9月18日(木)午後
場所:日本科学未来館
参加:無料
主催:科学技術振興事業団 ERATO 北野共生システムプロジェクト、システムバイオロジー研究機構

今回、システム生物学の研究をする先端的ソフトウェア基盤としてのSBML、SBWを紹介する機会をこのように設けました。詳細なスケジュールは8月中にサイト上に掲載予定です。多くの方のご参加をお待ちしております。

ご質問やご要望は、sbw-sbml-tutorial@symbio.jst.go.jpまでお寄せください。


日経バイオテクについて
購読・メルマガお申し込み
日経バイオ年鑑2016

ランキング

1位
日経バイオテク4月11日号「リポート」、グローバル大手製薬のパイプライン
2位
特許権の存続期間延長の改訂、製薬企業にどのように影響するか
3位
富士フイルムの2015年度決算、メディカル分野は好調、今後もM&Aを継続
4位
日経バイオテク3月14日号「業界こぼれ話」、民業圧迫との批判に配慮した東大VC
5位
日経バイオテク4月25日号「業界こぼれ話」、CART療法で増えるトシリズマブの出番
6位
日経バイオテク3月28日号「編集長の目」、再生医療ビジネスから再生医療産業へ
7位
日経バイオテク5月23日号「特集」、国内創薬ベンチャーの導出契約
8位
文科省がJST、AMEDの戦略目標を決定、4月に公募を開始
9位
第15回日本再生医療学会総会、PMDA審査官が「ハートシート」と「テムセル」の審査内容を解説
10位
ニプロ、幹細胞用の自動培養装置の発売を開始
1位
日経バイオテク4月11日号「リポート」、グローバル大手製薬のパイプライン
2位
日経バイオテク4月25日号「リポート」、世界の医療用医薬品売上高トップ50(2015年)
3位
富士フイルムの2015年度決算、メディカル分野は好調、今後もM&Aを継続
4位
メディネット、米Argosとのライセンス契約を破棄
5位
Wmの憂鬱、第二世代のiPS細胞再生医療、成熟した血小板製造に成功【日経バイオテクONLINE Vol.2436】
6位
ソニーやIllumina社の合弁会社、医療機関向け癌の遺伝子解析サービスを開始へ
7位
Wmの憂鬱、次世代CRISPRが拓いた遺伝子機能全解読への道【日経バイオテクONLINE Vol.2437】
8位
日経バイオテク4月25日号「特集」、腸内菌叢を標的とする創薬・治療法開発
9位
Zymeworks社とGSK社、二重特異性抗体の開発と商品化で協力
10位
米Pfizer社、PCSK9の臨床試験の患者登録を終了
1位
日経バイオテク4月11日号「リポート」、グローバル大手製薬のパイプライン
2位
日経バイオテク4月25日号「リポート」、世界の医療用医薬品売上高トップ50(2015年)
3位
日経バイオテク4月25日号「特集」、腸内菌叢を標的とする創薬・治療法開発
4位
日経バイオテク4月11日号「特集」、第15回日本再生医療学会総会リポート
5位
日経バイオテク4月25日号「研究室探訪」(第4回)、アルツハイマー病の予防薬を目指す、Aβ、タウ、αシヌクレインの一網打尽
6位
Wmの憂鬱、成功したバイオベンチャー経営者の「私はこれで 一度会社を潰しました」【日経バイオテクONLINE Vol.2430】
7位
三井物産、製薬支援ファンドの投資状況を明らかに
8位
先駆け審査指定の心臓内幹細胞、企業治験は2016年中に開始へ
9位
慶應眼科発ベンチャー、他家iPS細胞由来内皮代替細胞を開発へ
10位
日経バイオテク4月11日号「業界こぼれ話」、iPS2例目断念を海外専門家はどう見る

分野別ランキング

1位
Kansas州立大と東大など、癌抑制遺伝子は単細胞生物の多細胞化に寄与
2位
【連載】寛和久満夫の深読み科学技術政策(第115回)、ヒト受精胚へのゲノム編集が可能に
3位
阪大など、Tregが大腸癌の進行に関与
4位
ニプロ、幹細胞用の自動培養装置の発売を開始
5位
岩手医大など、100例のゲノム、トランスクリプトーム、エピゲノムを解析
6位
慶應大、分化させた心筋細胞からヒト未分化iPS細胞を除去する方法を開発
7位
訂正、シスメックスの中央研究所長らに聞く、「癌診断のリキッドバイオプシーに注力し、将来的にデジタルPCRを医療機器として申請したい」
8位
東北メディカル・メガバンク、健康情報とゲノム情報の統合DBを開発
9位
協和発酵バイオが初の寄付研究部門
10位
【連載】寛和久満夫の深読み科学技術政策(第114回)、なぜ、NIH予算は多いのか
1位
富士フイルムの2015年度決算、メディカル分野は好調、今後もM&Aを継続
2位
特許権の存続期間延長の改訂、製薬企業にどのように影響するか
3位
三井物産、製薬支援ファンドの投資状況を明らかに
4位
第一三共、2025年に癌事業を軸とする創薬企業目指す
5位
【菌叢特集連動】、早大のマイメタゲノム始動、まずはペットに注力
6位
ベンチャーに転出していた証券アナリストが復帰
7位
日経バイオテク6月15日号「リポート」、競争的資金獲得額ランキング
8位
PMDA、拡大治験受け国内での最終段階の治験の一覧を公表
9位
富士フイルムが中計を発表、ヘルスケア分野でさらなるM&Aの可能性も
10位
厚労省、再生医療等製品や医療機器でも先駆け審査指定制度を運用へ
1位
キリンが初の独自機能性でストレスと疲労感対策
2位
農芸化学会BS、キリンビール、食用酵母でトレハロース生産用αアミラーゼの大量生産に成功
3位
機能性表示食品に血圧対策のヒハツと体温維持のショウガ
4位
国際アグリバイオ事業団 アグリバイオ最新情報【2016年3月】
5位
NARO野茶研と東北大、ネギの緑色の葉身部粘液に強力な免疫賦活作用、秋冬の風邪対策に
6位
DuPont社とADM社、フルクトースからフランジカルボン酸を生産するプロセスを開発
7位
阪大ベンチャーのファンペップ、森下仁丹と商品化目指し提携
8位
花王生科研と小笠原NAIST学長ら、枯草菌ゲノム縮小株でPGAとDPA
9位
Copenhagen大学、逆光合成反応を利用した植物バイオマス分解システムを確立
10位
東大農の初の社会連携講座はサントリー
1位
メディネット、米Argosとのライセンス契約を破棄
2位
ソニーやIllumina社の合弁会社、医療機関向け癌の遺伝子解析サービスを開始へ
3位
Zymeworks社とGSK社、二重特異性抗体の開発と商品化で協力
4位
米Pfizer社、PCSK9の臨床試験の患者登録を終了
5位
【菌叢特集連動2】、東大発ベンチャーTAK Circulator、皮膚菌叢事業が拡大
6位
英NICE最終ガイダンス 前立腺がん治療薬Jevtana、価格引き下げを受けて推奨に変更
7位
先駆け審査指定の心臓内幹細胞、企業治験は2016年中に開始へ
8位
日経デジタルヘルスより、P5、癌の遺伝子解析結果などを医師に提供するサービス開始
9位
中外製薬、ツーセルと再生医療等製品のライセンス契約を締結
10位
科研製薬、熱傷の壊死組織除去する酵素製剤の国内開発・販売権を導入
バイオ事業のご案内
広告お問い合わせ