システム・バイオロジー研究機構、システム生物学関連の無料セミナーを9月18日に都内で開催

2003年8月1日 12:52

 システム・バイオロジー研究機構などは、システム生物学の研究用に開発された記述言語SBML(Systems Biology Markup Language)やソフト基盤SBW(Systems Biology Workbench)の概要と最新情報について、9月18日に東京台場の日本科学未来館で無料セミナーを開催する。翌19日には、「ERATO北野共生システムプロジェクト」に関するシンポジウムも開催する。



SMBL / SBW チュートリアル

【チュートリアル内容】
1. SBML 概要
2. SBML、SBW 準拠ソフトウェアの紹介

【演者】
Michael Hucka (ERATO北野共生システムプロジェクト&s_comma; カリフォルニア工科大学)
舟橋啓 (ERATO北野共生システムプロジェクト)

本チュートリアルは、システム生物学の分野におけるソフトウェア技術に関して、SBML (Systems Biology Markup Language) と SBW (Systems Biology Workbench) の概要と最新情報を紹介するものです。アジア地域で初のチュートリアルになります。

日時:2003年9月18日(木)午後
場所:日本科学未来館
参加:無料
主催:科学技術振興事業団 ERATO 北野共生システムプロジェクト、システムバイオロジー研究機構

今回、システム生物学の研究をする先端的ソフトウェア基盤としてのSBML、SBWを紹介する機会をこのように設けました。詳細なスケジュールは8月中にサイト上に掲載予定です。多くの方のご参加をお待ちしております。

ご質問やご要望は、sbw-sbml-tutorial@symbio.jst.go.jpまでお寄せください。


日経バイオテクについて
購読・メルマガお申し込み
日経バイオ年鑑2016

ランキング

1位
伊藤勝彦の業界ウォッチ、国内の主要バイオベンチャー38社の平均給与は730万円
2位
アステラス、骨格筋活性化薬の創製・開発・商業化でに追加投資
3位
ESBBのErik代表、「バイオバンクには“標準化”と“自立化”が重要に」
4位
伊藤勝彦の業界ウォッチ、大型化が期待される新薬―低分子化合物編
5位
Wmの憂鬱、産学協同研究を変える中外・阪大包括連携契約の中身がこれだ【日経バイオテクONLINE Vol.2492】
6位
米Kite社、米UCLAから再生可能T細胞ソース技術基盤の全世界ライセンスを取得
7位
ヘリオス、他家iPS細胞由来RPE細胞の治験開始が遅延
8位
医療産業の変化を予兆させるデジタルヘルス【日経バイオテクONLINE Vol.2493】
9位
京大小栁准教授、「創薬シーズが魔の川を渡れるよう後押ししたい」
10位
Alzheon社、AD治療薬フェーズIIIはAPOE4/4ホモ接合体患者を対象
1位
日経バイオテク7月25日号「特集」、ドラッグリポジショニング
2位
伊藤勝彦の業界ウォッチ、国内の主要バイオベンチャー38社の平均給与は730万円
3位
伊藤勝彦の業界ウォッチ、大型化が期待される新薬―低分子化合物編
4位
富士フイルムが和光純薬工業の買収を検討
5位
日経バイオテク7月25日号「キーパーソン インタビュー」、Meiji Seika ファルマ常務執行役員 吉光寺敏泰医薬研究本部長に聞く
6位
HCVは消えたけれど
7位
日経バイオテク7月25日号「業界こぼれ話」、東北大出澤教授が掲示した“お知らせ”
8位
日経バイオテク7月25日号「研究室探訪」(第7回)、アルツハイマー病研究の新世紀、狙うは“プレクリニカル期AD”
9位
日経バイオテク7月25日号「バイオイメージング最前線」(第13回)、第三の構造生物手法、クライオ電子顕微鏡
10位
Wmの憂鬱、産学協同研究を変える中外・阪大包括連携契約の中身がこれだ【日経バイオテクONLINE Vol.2492】
1位
伊藤勝彦の業界ウォッチ、2015年、世界の生物学的製剤の売り上げランキング
2位
日経バイオテク7月11日号「特集」、次世代シーケンサーの新展開
3位
日経バイオテク7月25日号「特集」、ドラッグリポジショニング
4位
伊藤勝彦の業界ウォッチ、大型化が期待される新薬―生物学的製剤編
5位
日経バイオテク7月11日号「パイプライン研究」、炎症性腸疾患治療薬
6位
伊藤勝彦の業界ウォッチ、国内の主要バイオベンチャー38社の平均給与は730万円
7位
日経メディカル7月号より、第1部 拡大する画期的新薬の市場
8位
富士フイルムが和光純薬工業の買収を検討
9位
【訂正】日経バイオテク6月13日号「特集」、創薬ベンチャーの導出契約
10位
アンジェスMG、アトピー性皮膚炎治療薬のフェーズIIIで有効性示せず

分野別ランキング

1位
京大小栁准教授、「創薬シーズが魔の川を渡れるよう後押ししたい」
2位
メディネットとシミックHDが、再生医療でワンストップサービス提供へ
3位
リプロセルが尿からiPS細胞を作製するサービスを開始
4位
コスモ・バイオ、塩野義製薬からエクソソーム検出用抗体の特許権譲受
5位
ESBBのErik代表、「バイオバンクには“標準化”と“自立化”が重要に」
6位
ジェネティックラボ、cfDNAなどの受託解析サービスを提供へ
7位
金沢大華山教授、「エクソソーム研究の進展には基盤整備が重要」
8位
シスメックス、産総研発の糖鎖解析ベンチャーと提携
9位
Johns Hopkins大、「アルツハイマー病発症には少なくとも2段階が必要」
10位
英GlaxoSmithKline社など6社2研究機関、クライオ電子顕微鏡研究のコンソーシアムを設立
1位
富士フイルムが和光純薬工業の買収を検討
2位
【新連載】谷本佐理名の“FDAウォッチ”、米Juno社の試験差し止めから解除までが異例の早さだったワケ
3位
特許法改正、発明者へ支払う報酬の決定方法の内容が明確に
4位
文科省が創薬等支援技術基盤プラットフォーム事業の事後評価と次期事業について議論
5位
ナノキャリアが米BIND Therapeutics社買収に名乗り
6位
ヘリオス、他家iPS細胞由来RPE細胞の治験開始が遅延
7位
寛和久満夫の深読み科学技術政策(第128回)、オープンイノベーションの現状と課題、その2
8位
PMDA、NGS用いたCDxの評価方針でコンセプトペーパー案を公表
9位
米BIND Therapeutics社の資産はPfizer社が落札
10位
遺伝子解析を手掛けるジナリスが倒産
1位
聖マリアンナ医大発ベンチャー、ナノエッグが黒ずみ予防化粧品発売
2位
肝機能の改善をうたう初のサプリメントが発売
3位
英Oxitec社の遺伝子組換え蚊でデング熱発症が9割減
4位
理研CSRSと阪大、神戸大など、ジャガイモの有毒物質の抑制で萌芽を制御
5位
カゴメ、2016年度上期の業績予想修正で利益は2倍に
6位
豊田通商、Anellotech社へ事業パートナーとして出資
7位
花王生物科学研、グレープフルーツの香り成分ヌートカトンに肥満抑制作用、作用点はAMPK活性化で運動持久力向上も
8位
日本製粉が初の機能性表示食品、コレステロール下げるαリノレン酸「アマニオイル」
9位
内閣府SIP次世代農林水産業、「既に十数億円の経済効果」と久間議員
10位
セラバリューズのクルクミン機能性表示食品が4月登場へ
1位
伊藤勝彦の業界ウォッチ、国内の主要バイオベンチャー38社の平均給与は730万円
2位
伊藤勝彦の業界ウォッチ、大型化が期待される新薬―低分子化合物編
3位
HCVは消えたけれど
4位
伊藤勝彦の業界ウォッチ、大型化が期待される新薬―生物学的製剤編
5位
IBL、組換えカイコによる蛋白質製造のパイロットプラントが稼働へ
6位
再生医療推進機構、日本人70%カバーするHLA2座一致の歯髄幹細胞ストックを構築
7位
中外製薬、T細胞のCD3と癌細胞のGPC3架橋する二重特異性抗体の開発開始
8位
シスメックス、他家iPS由来RPE細胞移植前の免疫反応検査法開発へ
9位
「数年前から技術紹介し、1年ほど前から協議」と高山社長
10位
DeNA、第一三共、武田薬品がデジタルヘルスのイベント開催
バイオ事業のご案内
広告お問い合わせ