組織プラスミノーゲン・アクチベーター(TPA)の市場縮小傾向は変わらないが、TPAをPTCAと組み合わせた治療効果の認知度が高まってきていることから国内でも使用頻度が高まり、市場が拡大していく可能性が出てきた。脳梗塞への適応拡大への期待も高い。

 TPAの市場動向と最新の研究開発動向の詳細は、日経バイオテク2003年7月7日号バイオ・マーケットハイライトに掲載した。



《お知らせ》
 日経バイオテクでは、特集記事である「バイオ・インテリジェンス」と、研究開発や市場動向を独自分析した「バイオ・マーケットハイライト」を紙媒体のみで提供しています。

●「日経バイオテク」(ニューズレター)のお申込みはこちらから