毎日新聞「理系白書」が下記の要領で開催される。最新情報は「バイオ関係者、皆のホームページ」学会・補助金欄、もしくはHot Newsの上フレームにある分野別Hot Newsセミナー学会を選択してアクセスできる。
バイオ関係の学会・セミナー情報は、毎日、午前・午後更新。どうぞ毎日2回以上ご確認ください。


●公的な学会、研究会の告知募集は無料掲載、企業が開催するセミナー告知は有料です。詳細はmiyata@nikkeibp.co.jpまでメールください。


毎日新聞「理系白書」シンポジウム開催のお知らせ

研究問題メーリングリストのページ
当メーリングリストから発足したNPO(非営利組織:現在は任意団体)サイエンス・コミュニケーションが、毎日新聞社科学環境部主催「理系白書」シンポジウムに協力させていただくことになりました。以下にご案内させていただきます。皆様振るってご参加くだされば幸いです。



★毎日新聞「理系白書」シンポジウムのご案内

 科学技術立国を支える人材を描いた長期連載「理系白書」の総括を兼ねたシンポジウム(毎日新聞科学環境部主催、。NPO「サイエンス・コミュニケーション」協力)を、7月6日午後1~5時、東京都千代田区一ツ橋1の1の1、パレスサイドビル地下1階の「毎日ホール」で開きます。

パネリストは、浅島誠・東京大教養学部長(大学院生命環境科学系教授)▽有本建男・文部科学省大臣官房審議官▽科学ジャーナリストの林衛さん▽深見希代子・東京薬科大生命科学部教授▽横向慶子・キリンビール商品開発研究所嗜好リサーチグループリーダー(50音順)の5氏。

就職難が深刻な博士の問題、大学教育や文理融合の将来、女性研究者の活用、社会全体の理科離れなど、さまざまな課題について、会場もまじえて議論します。

参加(無料)には事前登録が必要です。締め切りは6月25日。申し込みは氏 名と返信用連絡先を明記して、電子メール(rikei@mbx.mainichi.co.jp)、ファクス(03-3215-3123)か往復はがき(〒100?8051 毎日新聞科学環境部 「理系白書」係)で。定員(200人)を超えた場合は抽選とし、もれた方に ご連絡いたします。問い合わせは事務局03-3212-0257へ。




研究問題メーリングリストのご案内


研究問題メーリングリストは、生化学若い研究者の会を母体にして始まった、日本の研究環境や科学政策など、研究にまつわる問題を話し合うメーリングリストです。

1998年2月に開設以来、参加者は主にバイオ系の大学院生や研究者を中心に1200名以上。近年激変しつつある日本の科学政策を中心に、ノーベル賞から身近な話題まで、ときにはざっくばらんな、ときには真剣な議論が交わされております。

もし興味を持たれましたら、研究問題メーリングリストホームページの下の方にあるフォームにメールアドレスを記入するか、下記のフォームをご利用ください。
研究問題メーリングリスト にあなたも入りませんか?
FreeML メールアドレス