第7回微生物資源ワークショップが下記の要領で開催される。最新情報は「バイオ関係者、皆のホームページ」学会・補助金欄、もしくはHot Newsの上フレームにある分野別Hot Newsセミナー学会を選択してアクセスできる。
バイオ関係の学会・セミナー情報は、毎日、午前・午後更新。どうぞ毎日2回以上ご確認ください。


●公的な学会、研究会の告知募集は無料掲載、企業が開催するセミナー告知は有料です。詳細はmiyata@nikkeibp.co.jpまでメールください。


第7回・第8回微生物資源ワークショップのお知らせ

第7回微生物資源ワークショップ
きたる6月21日(土)に玉川大学にて、第7回微生物資源ワークショップを開催します。今回は、創薬、機能性食品、微生物変換など幅広い技術分野の方々からバイオ産業のビジョンを語って頂きます。演者の先生方は、Dr. Jean-Marc Seng (BIOtransfer, France)、炭田精造博士(JBA常務理事)、Dr. Sebastian Meier-Ewert (GPC Biotech)、岩瀬 壽 (BioDiscovery)、清水 昌博士(京都大学教授)というそうそうたるメンバーです。詳しくは下記ウェブサイトをご覧の上、早めにお申し込みください。(参加費:6,000円)
http://www.tamagawa.ac.jp/sisetu/gakujutu/alsrc/wmr7/wmr7.htm

第8回微生物資源ワークショップ
すべてのセッションが終了した翌日から、1泊2日の日程で玉川大学学術研究所菌学応用研究施設主催の第8回微生物資源ワークショップが三島で開催される。この人材育成コースを経験された方には、とくに参加をお勧めしたい。詳細は未定であるが、欧米から一流の企業研究者、経営者を招聘し、少人数での緻密な意見交換と情報交換の場になることが期待され、これまでの例(箱根、河口湖)でも、情報量の豊かさと人的交流の幅には定評がある。(参加費:未定)

玉川大学学術研究所
菌学応用研究施設
奥田 徹