専門情報サイト「プロテオームで」Virtual Seminar第12回が始まった。今回のテーマは、1) GeneTailor Site-Directed Mutagenesis システム、2) Flp-In遺伝子発現システム, 3) . ViraPowerアデノウイルス遺伝子発現システムの使用例だ。1)目的遺伝子への1箇所または2箇所への点突然変異の導入、2) 哺乳動物細胞でのstable transformantの樹立、3) アデノウイルスの作製と培養細胞株への遺伝子導入などの研究にぜひご参照ください。
 詳細はここをクリック 、左フレームのバーチャルセミナーを更にクリックしてアクセスできます。右フレームの一番下に表示されます。


+専門情報サイト+プロテオーム++