2003年2月、土壌汚染対策法が施行された。多くの企業の参入で土壌浄化工事では価格競争が始まり、バイオレメディエーション市場もその影響を受けている。他方、、汚染土壌の土地評価額を0円とする銀行が登場。05年の減損会計制度導入が市場拡大へ貢献する可能性が出てきた。
 バイオレメディエーション市場の詳細は、日経バイオテク誌2003年4月28日バイオ・マーケットハイライトに掲載した。




《お知らせ》

 日経バイオテクでは、特集記事である「バイオ・インテリジェンス」と、研究開発や市場動向を独自分析した「バイオ・マーケットハイライト」を紙媒体のみで提供しています。

●「日経バイオテク」(ニューズレター)のお申込みはこちらから (http://bio.nikkeibp.co.jp/bio/nbt/index.html)


+グリーンバイオ+++