千里ライフサイエンスシンポジウム「免疫制御と免疫疾患研究の最先端」が下記の要領で開催される。最新情報は「バイオ関係者、皆のホームページ」学会・補助金欄、もしくはHot Newsの上フレームにある分野別Hot Newsセミナー学会を選択してアクセスできる。
バイオ関係の学会・セミナー情報は、毎日、午前・午後更新。どうぞ毎日2回以上ご確認ください。


●公的な学会、研究会の告知募集は無料掲載、企業が開催するセミナー告知は有料です。詳細はmiyata@nikkeibp.co.jpまでメールください。


千里ライフサイエンスシンポジウム
「免疫制御と免疫疾患研究の最先端」

日時:平成15年9月2日(火)10:00~17:00
場所:千里ライフサイエンスセンタービル5階ライフホール
主催:財団法人千里ライフサイエンス振興財団
協賛:株式会社千里ライフサイエンスセンター

着眼点:
免疫システムの作動と制御に関し、自然免疫系と獲得免疫系との調和のとれた相互作用、両免疫系の活性化における樹状細胞の働き、免疫応答を抑制する制御性T細胞等が注目を集めている。免疫制御と免疫疾患に関する研究の現状を踏まえて、免疫学の最もホットな領域で国際的に先端研究を展開している演者に最新の話題を提供して頂く。

コーディネーター:
東京大学医科学研究所 教授 高津 聖志
大阪大学大学院生命機能研究科・医学系研究科
教授 平野 俊夫

プログラム
1.自然免疫からみた免疫制御
大阪大学微生物病研究所 教授 審良 静男
2.樹状細胞による免疫制御
慶應義塾大学医学部 教授 小安 重夫
3.制御性T細胞による免疫制御
京都大学再生医科学研究所 教授 坂口 志文
4.TNF受容体結合因子(TRAF)ファミリーによるシグナル伝達と
免疫制御
東京大学医科学研究所 教授 井上 純一郎
5.インターロイキン6シグナル異常と自己免疫疾患、特に
関節リウマチについて
大阪大学大学院生命機能研究科・医学系研究科
教授 平野 俊夫
6.WT1ペプチドを用いた癌の免疫療法
大阪大学大学院医学系研究科 教授 杉山 治夫

参加費(講演要旨集含む):
3,000円(会員[大学・官公庁職員、当財団の賛助会員]);
5,000円(非会員);1,000円(学生)
定員:300名
申込要領:
氏名、〒、所在地、勤務先、所属、電話およびFAX番号を明記の上、郵便、FAXまたはE-mailで下記宛お申込み下さい。事務局より受付の通知を返送いたしますので、そこに記載した振込先口座に参加費をお振込み下さい。入金を確認後、通常2週間以内に領収書兼参加証をお届けいたします。
申込先:
(財)千里ライフサイエンス振興財団シンポジウム(S13)係
〒560-0082 大阪府豊中市新千里東町1-4-2
千里ライフサイエンスセンタービル8F
TEL:06-6873-2001 FAX:06-6873-2002
E-mail:fjs-lsf@senri-lc.co.jp
(注:lsfは「エルエスエフ」、lcは「エルシー」)
ホームページ:http://www.senri-lc.co.jp