バイオ・ベンチャー創業支援に志あるファイナンス関係者の教育プログラム、バイオファイナンスギルドの第9回が、今晩開催される。テーマは「遺伝子治療の商業化の夢と現実」。今夜も最先端のバイオの投資機会について、熱い議論が戦わされる。
 バイオファイナンスギルドの詳細はここをクリック。今年6月からは第二期も開催することが決まりました。お申し込みはお早めに。 miyata@nikkeibp.co.jp まで。

--------------------------------------------------------------------
▼日時・会場
 日時:4月18日(金) 午後6時より8時30分までです。
 会場:日経BPラーニングセンター
  〒105-0004 東京都港区新橋2-5-5 新橋2丁目MTビル2階
    TEL 03-5510-0280 FAX 03-5510-0289
▼プログラム
1.18:00-18:15
  「遺伝子治療の技術マップ」日経BP社・宮田 満
2.18:15-18:30
「遺伝子治療のビジネスマップと前回の投資シミュレーションの講評」
   バイオフロンティアパートナーズ代表取締役社長 大滝 義博氏
3.18:30-19:00
  「遺伝子治療の現状(AAVベクターを中心に)」
   自治医科大学教授 小澤 敬也氏
4.19:00-19:30
  「遺伝子治療のビジネスモデル(タカラバイオの場合)」
   タカラバイオ 代表取締役社長 加藤郁之進氏
5.19:30-20:00
  「遺伝子治療のビジネスモデル(アンジェスMGの場合)」
   大阪大学医学部 森下 竜一氏
6.20:00-20:30
 討論