文部科学省の遺伝子多型の情報を患者の治療に役立てるプロジェクト「個人の遺伝情報に応じた医療の実現プロジェクト」がいよいよ始まる。4月中にプロジェクトの推進委員会が開催される予定で、そこで定められた研究実施の基本方針と年次計画の下、プロジェクトが進められる。
 プロジェクトの期間は5年間で予算規模は200億円。02年度補正予算で83億円を得、03年度予算では21億円を獲得している。このほど明らかにされたプロジェクトの詳細は、日経バイオテク2003年4月14日号バイオ・インテリジェンスに掲載した。



《お知らせ》

 日経バイオテクでは、特集記事である「バイオ・インテリジェンス」と、研究開発や市場動向を独自分析した「バイオ・マーケットハイライト」を紙媒体のみで提供しています。

●「日経バイオテク」(ニューズレター)のお申込みはこちらから (http://bio.nikkeibp.co.jp/bio/nbt/index.html

+個の医療+++