第230回CBI学会研究講演会が下記の要領で開催される。最新情報は「バイオ関係者、皆のホームページ」学会・補助金欄、もしくはHot Newsの上フレームにある分野別Hot Newsセミナー学会を選択してアクセスできる。
バイオ関係の学会・セミナー情報は、毎日、午前・午後更新。どうぞ毎日2回以上ご確認ください。


●公的な学会、研究会の告知募集は無料掲載、企業が開催するセミナー告知は有料です。詳細はmiyata@nikkeibp.co.jpまでメールください。


第230回CBI学会研究講演会のお知らせ (4月16日)
(参加資格が2003年4月より変更になります。)
***第230回CBI学会研究講演会のお知らせ***

「化合物データとその利用:ADMEを考慮したリードジェネレーションへの応用」


 医薬品の研究開発において、初期のリード探索の段階から化合物のADMEを中心とした性質を考慮し、後の展開が容易であるような、より有望なリードを選択しようと試みられるようになってきている。具体的にどのような条件により化合物を評価・選択するのが望ましいのかは、市販医薬品や社内化合物のデータを利用して各社で様々に検討されていると考えられる。今回は、drug-likenessに関するRule of Fiveを提唱されたPfizerのLipinski博士、薬物動態を専門とされ、cytochrome P450と薬物の相互作用研究をされているアムステルダム自由大学のVermeulen教授が来日されるのを機会に、化合物データを利用したリード化合物の評価・選択に関連した講演会を開催することとし、さらに、国内の製薬企業から、西端、高岡両講師に、化合物データの蓄積、およびそれを利用した予測に関してどのようにアプローチされているのかをそれぞれお話いただくことにした。

日時:2003年4月16日(水)13:30?17:30
場所:日本化学会 化学会館7Fホール
東京都千代田区神田駿河台1-5 (JRお茶の水駅下車、徒歩4分)

世話人:粕谷 敦(三共)、多田幸雄(大鵬薬品)

プログラム
1. 13:30?14:30
「社内化合物DBとロジスティクスの戦略的構築(仮題)」
西端芳彦(田辺製薬株式会社)

2. 14:30?15:30
Structure-Based Rationalisation and Prediction of Drug Metabolism by
Human and Rat Cytochrome P450-Isoenzymes
Nicolas P. E. Vermeulen(Vrije Universiteit Amsterdam)

15:30?15:40 休憩

3. 15:40?16:40
「化学者がスコア付けした化合物のデータに基づき、drug-likenessと合成展開の容易さを予測する試み」
高岡雄司(大正製薬株式会社)

4. 16:40?17:40
Drug Discovery Strategy: The Appropriate Use of the Rule of Five and Other Drug Quality Filters
Christopher A. Lipinski(Pfizer Global Research and Development)

講演会参加費: (2003年4月より変更になります。)
法人賛助組合参加企業からの参加者は無料。非営利研究機関からの参加者で個人会員は無料、ビジターは資料代を含め一人1000円。法人会員でない法人からの参加者で個人会員は資料代を含め5000円、ビジターは10,000円の参加費が必要です。出席を希望される方は事前に必ず事務局に連絡してください。
* CBI学会2003年度個人会員登録受付中です。本年度からは非営利研究機関の方以外の方もご登録いただけます。詳細及びご登録は下記よりお願いします。
http://www.cbi.or.jp/~cbistaff/CBI/KOJIN/kaiin.cgi

連絡先:CBI学会事務局 セミナー受付
〒158-0097東京都世田谷区用賀4-3-16イイダビル301
TEL:03-5491-5423  FAX:03-5491-5462  E-mail:seminar@cbi.or.jp