専門情報サイト「プロテオームで」Virtual Seminar第11回が始まった。今回のテーマは、1) SuperScript III Reverse Transcriptase、2) pET200 Directional TOPO Expression Kit, 3) E-Gel, 4) KnockOut Serum Replacement の使用例だ。これからんの、1) 高温での遺伝子特異的プライマーを用いた逆転写反応、2) 短時間での目的タンパク質の大腸菌による発現、3) 簡単な操作、スペース要らず、時間要らず、バッファー要らずのアガロースゲル電気泳動、及び4) マウスES細胞の未分化能を維持するための細胞培養、などの研究にぜひご参照ください。
 詳細はここをクリック 、左フレームのバーチャルセミナーを更にクリックしてアクセスできます。右フレームの一番下に表示されます。


+専門情報サイト+プロテオーム++