日経BP技術賞の受賞者が、4月4日、発表された。医療・バイオ部門では、わが国独自の等温遺伝子増幅法「LAMP」法を開発した栄研化学の研究チーム(同社研究開発統括部生物化学研究所第2部長納冨継告氏、同統括部製品企画開発室第2部長高野弘氏、同生物化学研究所第2部神田秀俊氏、同第2部森安義氏、同第2部長嶺憲太郎氏)と、蛋白の動きをリアルタイムで観察可能とした高速原子間力顕微鏡の開発チーム(金沢大学理学部物理学科生物物理学教授安藤敏夫氏、同大学大学院自然科学研究科数物科学専攻古寺哲幸氏、オリンパス光学工業光学機器開発部技術開発グループ課長代理戸田明敏氏)がそれぞれ受賞した。