日本学術振興会産学協力委員会のひとつであるゲノムテクノロジー第164委員会は、第3期キックオフシンポジウムを開催いたします。


日本学術振興会ゲノムテクノロジー第164委員会
第3期キックオフシンポジウム
「 環境から医学まで:ゲノムテクノロジーが変えるバイオ戦略 」

○主催:独立行政法人日本学術振興会ゲノムテクノロジー第164委員会
○共催:アプライドバイオシステムズジャパン株式会社

日時:2006年9月26日(火) 10:00~17:30
会場:ホテルラフォーレ東京(東京都品川区北品川4-7-36)
(http://www.laforethotels.com/tokyo/)

[プログラム]
10:00-10:00 開会の御挨拶                  
10:10-10:40 ゲノム科学と医学
笹月健彦 (国立国際医療センター総長)
10:40-11:30 ゲノム情報に基づく生活習慣病の生命科学と分子創薬
門脇 孝 (東京大学大学院 医学系研究科糖尿病・代謝内科教授)
11:30-12:10 ヒトゲノムコピー数多型の全容
油谷浩幸 (東京大学 先端科学技術研究センター教授)
13:10-13:50 ケミカルバイオロジー:大規模タンパク質ネットワーク解析からの展開
夏目 徹 (産業技術総合研究所 生物情報解析研究センター 主任研究員)
13:50-14:30 合成小分子化合物によるケミカルバイオロジー
上杉志成 (京都大学 化学研究所教授)
14:30-15:10   タンパク質立体構造およびタンパク質間ドッキングの計算機予測へ向けて
       秋山 泰 (産業技術総合研究所 生命情報科学研究センター センター長)
15:30-16:10 生物学的ロバストネス理論と医療への応用
北野宏明 (特定非営利活動法人システム・バイオロジー研究機構会長)
16:10-16:50   持続可能な21世紀を目指す植物バイオテクノロジー
新名惇彦 (奈良先端科学技術大学院大学教授)
16:50-17:30 ヒト腸内細菌叢のメタゲノム解析
服部正平 (東京大学大学院 新領域創成科学研究科教授)       

参加費無料、事前申し込み制【定員350名】
(参加ご希望の方はお早めにお申込みください)

<お申込み方法>
FAXまたはE-mailで、下記のシンポジウム事務局まで。
1.ご氏名、2.ご所属、3.連絡先TEL&s_comma;FAXをご記入のうえ、お申込みください。

<お申込み先>
第164委員会シンポジウム事務局
〒108-8639  東京都港区白金台4-6-1 
東京大学大学院 新領域創成科学研究科
メディカルゲノム専攻 ゲノム制御医科学分野内
FAX:03-5449-5416 E-mail: gt164@ims.u-tokyo.ac.jp