国内では、02年4月から、世界で初めて、加工食品中のアレルギー物質に関する表示制度が始まり、アレルゲンを含む特定原材料5品目(卵、乳、小麦、そば、落花生)について表示が義務化となった。

 アレルゲン検査試薬の02年度の国内市場は、約3億円となった模様だ。今のところ、公的機関に加え、企業規模の大きい食品メーカーなどでの導入、利用が始まった段階で、流通業者からの要望への対応や協力会社から供給を受ける原料の品質管理などへの対応のための需要が多いようだ。当初から予想はされていたものの、数多くある企業すべてにまではまだ普及が進んでいないのが現状だ。

 食品用アレルゲン検査試薬の国内市場の動向は、日経バイオテク2003年3月31日号バイオ・マーケットハイライトに掲載した。




《お知らせ》

 日経バイオテクでは、特集記事である「バイオ・インテリジェンス」と、研究開発や市場動向を独自分析した「バイオ・マーケットハイライト」を紙媒体のみで提供しています。

●「日経バイオテク」(ニューズレター)のお申込みはこちらから (http://bio.nikkeibp.co.jp/bio/nbt/index.html


+機能性食品++