日本薬学会の第123年会が、桜が満開となった長崎市で始まった。3月27日より3日間、注目の研究成果を会場より報告する。