??バイオ関係者の必読誌「日経バイオビジネス」
●「日経バイオビジネス」は、医薬・医療、食品、化成品、環境、ITなど幅広いバイオテクノロジー分野をカバーするバイオ専門情報誌。
●国内外のバイオの最新動向を捉えるとともに、技術、経営などあらゆる角度からバイオが進みゆく方向と可能性を提示します。
●高度な専門知識をもつ編集記者が独自の取材ネットワークと20年以上にわたり蓄積した情報データベースを駆使し、分析・評価・予測します。
●研究、開発、経営、企画、マーケティング、営業・・・すべてのバイオ関係者に求められる幅広い視野と本質を捉える確かな視点が、毎月届くこの1冊に。
???????????????????http://bio.nikkeibp.co.jp/

==============================
【新連載スタート!】~今、年間購読をお申込みの方は新連載のスタート号からお読みいただけます。お申込みは上記URLまたはお電話(0120-21-0546、年中無休、6時~22時)で
●「医薬品とバイオ製品についての特許戦略」医薬品やバイオ製品の開発の成否や製品寿命に大きな影響を与える特許。R&D競争を制するために身に付けておくべきポイントをわかりやすく解説します。

==============================
**「日経バイオビジネス」最新号(2003年4月号)*********

==============================
【特集1】●主要71社の研究トップが明かす「R&D冬の時代はこうして乗り切れ」
==============================
研究開発の環境は今後ますます厳しくなる??。そう考える悲観派が楽観派の6倍いることが、本誌が実施した企業の最高科学責任者(CSO)調査から明らかになった。R&Dはまさに冬の時代を迎えようとしている。この状況を乗り越えるため、各企業のCSOはいかなるマネジメントを行っているのか。本誌では主要バイオ企業を対象とする調査を行うと同時に、数社のCSOにインタビューを行い、苦難の冬を乗り越えるためのマネジメントのあり方を探った。

==============================
【特集2】●DDS研究の現場最新報告「創薬の救世主になるか、リポソームで新薬開発ラッシュ」
==============================
最新のDDS(薬物送達システム)技術として注目を集めるリポソーム。新薬が出にくくなる中、リポソームに既存薬を包埋して新薬を創り出す試みが活発化している。類似の技術として、“高分子ミセル化”も日本から登場しており、実用化が近い。ジョンソン・エンド・ジョンソン社がベンチャーを買収して先行。日本では日本化薬、三菱ウェルファーマなどを、抗体医療の補完技術と位置付けるキリンが追う。??最新DDS技術を取り巻く技術とビジネスの現状を徹底リポート。

==============================
【特別リポート】●遺伝子治療による白血病事件のその後~「再開」に向け協議始まる
==============================
フランスで免疫不全症の遺伝子治療患者からの白血病発病が2人になった。1人目発症の際にあった「不幸だが、まれな事例」という楽観論は吹き飛んだのか?世界で同種の臨床研究がストップする事態になっている。治療再開を目指して専門家たちは検討を始めている。

==============================
【特別リポート】●運動能力も遺伝子で決まる?~“アスリート遺伝子”発見の波紋
==============================
持久力や心肺機能、瞬発力などの運動能力と遺伝子の関係が注目されている。運動生理学者の多くがDNAを研究し始めている。研究が進めば加齢に伴う運動機能の低下予防もできるかもしれない。しかし、一方で競技スポーツが持つ魅力も半減してしまうかもしれない。

==============================
【NEWSSCAN】
==============================
●ミニインタビュー~欧州医薬品審査庁長官、世界的新薬不足の原因解明へ 
●元FDA長官が提唱するベンチャーの新しい資金源、ロイヤルティーと対テロ予算 
●ヒト・プロテオーム学会開催で見えた技術交流、データ標準化の課題 
●「健康食品法」はできるのか?業界団体が狙う規格基準化 
●抗がん剤イレッサの死者は173人に、効果を予測する遺伝子探しが加速


==============================
【テクノトレンド】●弱い結合を保持したまま質量分析「コールドスプレーイオン化法(CSI)」
==============================
質量分析を行う際、従来法では分子単位に切り離されるため、複数の分子が結合した状態での計測が難しかった。 CSI法なら生体内と同様の状態での質量分析が可能になる。

==============================
【企業研究】●「エフアール・フーズ」ユニクロのノウハウ生かし、食品業界に参入
==============================
「ユニクロ」ブランドで衣料業界を席巻したファーストリテイリングが子会社エフアール・フーズを設立し、食品業界に参入した。流通コストの圧縮、品質に対する生産者責任、安全性検査へのこだわりなど、これからの農・食業界にユニクロ商法を提案する。

==============================
【ベンチャーフラッシュ】●「トランスアニメックス」モデルラットで創薬を後押し●「バイオベット」家畜感染予防に経口インターフェロン
==============================

==============================
【キーパーソンインタビュー】●「プロテオーム解析競争は年内に決着」~メディカル・プロテオスコープ取締役 東京医科大学臨床プロテオームセンター長 藤田芳司氏
==============================
グラクソスミスクライン(GSK)研究本部長の職を昨年辞し、プロテオーム解析のベンチャーを立ち上げた。プロテオミクスで先行したGSK研究陣が、東京医科大学とスクラムを組んだ。初年度から質量分析計6台をフル稼働させ、独自のハイスループット技術で疾患マーカー探索に挑む。プロテオミクスは既に「技術の改良を競う時は過ぎた」と語る藤田氏。その勝算は・・・。

==============================
【開発物語】●関西文理学園「長浜バイオ大学」~技術者養成にこだわれ
==============================
「バイオ、バイオと騒がれるが、どこで勉強すればよい?」受験生の素朴な疑問に答えたのが「長浜バイオ大学」。東京や九州からの志願者も現れ、学生集めも順調に進む。優秀なテクニシャン養成は企業も注目している。

==============================
【バイオ人消息】
==============================
●「科学哲学から日中バイオの掛け橋へ」~中国上海国際展示会日本事務局 張康生氏 
●「骨折の再生医療に研究者人生を賭ける」~国立成育医療センター研究所 梅澤明弘氏


==============================
【探針】●「小さな成功で満足すると最終目標に到達できない」~大阪大学大学院工学研究科教授 浅田稔氏
==============================

==============================
新【連載】●医薬品・バイオ製品の特許戦略「特許取得の条件(上) 
重要な「選択発明」~室伏良信氏
==============================
医薬品やバイオ製品は、開発の成否や製品寿命に特許が大きく影響する。R&D競争を制するには、研究者も特許戦略を身に付ける必要がある。そこで、研究者が知っておくべきポイントをまとめた新連載を開始する。

==============================
【連載】●バーチャル・ドラッグ・デザイン「抗体を設計する最新のin silico手法」~小山尚彦氏
==============================
コンピューターを利用した分子の設計法を紹介。抗体の立体構造からペプチドをデザインする方法、フラグメントと呼ばれる断片を組み合わせる方法、たんぱく質の柔軟性に着目したCIAM法の3つを取り上げる。

==============================
【連載】●パイプライン研究「糖尿病合併症治療薬 アルドース還元酵素阻害薬に注目」~伊藤勝彦氏 
==============================
糖尿病そのものの治療薬に劣らず、合併症治療薬も大きな市場が期待できる。糖尿病関連の候補化合物をフルラインでそろえた武田薬品の戦略も高く評価できる。

==============================
【連載】●薬物・動態入門「抗ヒスタミン剤エバスチン 微細な構造の違いが分けた明暗」~堀江透氏 
==============================
抗アレルギー剤テルフェナジンとエバスチン。注意しないとわからないような構造式上のわずかな違いが、代謝酵素の種類を変えてしまい、患者に投与される薬と、市場から引退させられる薬への分かれ目となった例を紹介する。

==============================
【連載】●バイオ探偵団「DNAワクチンで花粉症を治せる?」
==============================
対症療法が主流の花粉症治療。根治治療薬としてDNAワクチンなどの研究が進んでいるが、実用に近いのは安全性の高いペプチド・ワクチンのようだ。

==============================
【連載】●ワールド・ニュース・ウオッチ「米国バイオ業界、正常化への道」~高橋新氏
==============================
バイオビジネス不調の象徴にも見えたイムクローン・システムズ社が復活のチャンスをうかがっている。大手製薬会社とバイオ企業の提携やM&Aも再び増加に転じる兆しを見せ始めた。

==============================
★3大特典付き「年間購読」受付中~今すぐお申込みください!
★ 今「日経バイオビジネス」の年間購読をお申込みいただくと、今回ご案内した最新号からご購読いただけます。しかも下記3大特典付き! この機会をお見逃しなく!
●特典1:業界リーダーが語る「国内バイオ市場2005年の姿」(*)を無料贈呈
●特典2:田中耕一さんが語る「初めて明かす技術者の本音」(*2)を無料贈呈
●特典3:「読者限定Eメール」無料配信(*3)
(*)「日経バイオビジネス」2002年6月号からの抜刷、A4変型判、20頁、非売品
(*2)「日経バイオビジネス」2002年12月号からの抜刷、A4変型判、12頁、非売品
(*3)編集長による最新トピックスの独自解説。毎週配信中。配信開始までに2週間程度かかります。
▼「日経バイオビジネス」年間購読のお申込みは下記URLから▼
http://biobiz.nikkeibp.co.jp/
==============================

====================================================================
【PR■日経バイオ年鑑2003】~特別付録CD-ROMでキーワード検索自由自在 ====================================================================
市場規模1兆4300億円を突破した2002年のバイオ市場全体の概況解説のほか、 ガン、細胞医薬などをはじめ医薬、食品、環境、サービスなど主要10分野152 項目にわたり、現有市場と成長性を分析・予測。さらに対象・物質名毎に論 文発表からフェーズ段階、実用・製品化状況まで国内外の主要動向を一覧掲載。 他では入手できない確かな研究・開発・実用化データが満載です。インターネ ットによる検索では偏りや手間暇がかかる情報収集もCD-ROMで効率化できます。 http://bio.nikkeibp.co.jp/bio/recommend_pub/02.html

====================================================================
【PR■日経バイオ最新用語辞典】~用語検索OK、毎月新語が追加されるOL版 ====================================================================
昨年9月に発行し多くのバイオ関係者から高い評価をいただいている「日経 バイオ最新用語辞典<第5版>」。既存の専門分野別用語辞典ではフォロー できない収録分野の広さと実用化情報まで踏み込んだ解説が好評です。さら に今回版で新たに開始した「オンライン版」サービスは、用語検索ができる ほか、続々登場するバイオ分野の新語が毎月UPされるため、常に”最新”の 用語辞典としてご活用いただけます。詳細、お申込みは今すぐ下記URLから。 http://bio.nikkeibp.co.jp/bio/recommend_pub/01.html