いよいよ第3回バイオビジネスコンペの最終審査発表まで、1日と迫って参りました。今年は激戦が予想されます。なんとか予定を整理して、私も参加します。ぜひとも明日のバイオ産業の息吹を感じるためにも、皆さん、ご参加下さい。会場でお会いいたしましょう。

  Biotechnology Japan Webmaster 宮田 満

第3回バイオビジネスコンペJAPAN本選会が下記の要領で開催される。最新情報は「バイオ関係者、皆のホームページ」学会・補助金欄、もしくはHot Newsの上フレームにある分野別Hot Newsセミナー学会を選択してアクセスできる。
バイオ関係の学会・セミナー情報は、毎日、午前・午後更新。どうぞ毎日2回以上ご確認ください。


●公的な学会、研究会の告知募集は無料掲載、企業が開催するセミナー告知は有料です。詳細はmiyata@nikkeibp.co.jpまでメールください。



 第3回バイオビジネスコンペの本選会が開催されます。
書類選考、事前審査の2回の審査を通過した7件のビジネスプランの発表が行われ、最優秀賞2件が選ばれます。
また、BT戦略会議と我が国のバイオ産業の動向について、味の素株式会社の歌田相談役よりお話いただくとともに、弁理士の山本秀策氏より、バイオビジネスにおける特許戦略についてご講演いただきます。
お忙しいところ誠に恐れ入りますが、何卒ご出席賜りますようお願い申し上げます。


日時  平成15年4月17日(木)午後1時~同4時30分
場所  千里ライフサイエンスセンター 5階 ライフホール
次第  13:00~13:15 挨拶・コンペ概要と経過報告
13:15~13:50 本選会進出プランの発表(各5分×7件)
13:50~14:00 休憩
14:00~16:00 講演?
「BT戦略会議と日本バイオ産業の方向」
味の素(株)相談役 歌田 勝弘 氏
講演?
「バイオビジネスと特許戦略」                    弁理士 山本 秀策 氏
※講演会の間、審査委員は別室で審査を行います。
16:00~16:30 結果発表・授賞式
参加費  無料
定員  400名(先着順)
お申込方法:HPからFAX用申込書を入手してください。
http://www.mydome.or.jp/biocompe/

<本選会進出プラン> 発表順(予定)
○超機能性人工核酸BNA類による遺伝子を標的とした包括的なゲノム創薬手法の開発
大阪大学大学院薬学研究科応用医療薬科学専攻生物有機化学分野
教授:今西 武

○HVJ-Eベクターをベースにした分子創薬と薬物送達の融合による難病治療法の開発とその事業化
大阪大学大学院医学系研究科分子治療学講座教授
兼 ジェノミディア取締役(就任予定):金田 安史

○新規物質アミノ体フラボノール類の機能特性を利用した食品の開発
神戸大学農学部 教授:金沢 和樹

○多次元画像解析を用いた医療支援システムのネットビジネス化
大阪大学医学部保健学科医用物理学講座医用画像研究室
教授:上甲  剛

○細胞内ネットワークのダイナミズム解析装置の開発
大阪大学工学研究科応用生物工学専攻 教授:福井 希一
大阪大学工学研究科物質生命工学専攻 教授:伊東 一良

○安定なRNAiベクターを用いた、迅速な遺伝子探索・解析・遺伝子治療
東京大学大学院工学系研究科化学生命工学専攻
教授:多比良 和誠

○形質転換技術による成長速度・生産性およびストレス耐性能を強化した園芸植物および樹木の開発
近畿大学農学部 教授:重岡  成


+ベンチャー++