第三回麻酔と脳研究セミナーが下記の要領で開催される。最新情報は「バイオ関係者、皆のホームページ」学会・補助金欄、もしくはHot Newsの上フレームにある分野別Hot Newsセミナー学会を選択してアクセスできる。
バイオ関係の学会・セミナー情報は、毎日、午前・午後更新。どうぞ毎日2回以上ご確認ください。


●公的な学会、研究会の告知募集は無料掲載、企業が開催するセミナー告知は有料です。詳細はmiyata@nikkeibp.co.jpまでメールください。


第三回麻酔と脳研究セミナー
The 3rd Anesthesia and Brain Research Seminar

日時: 平成15年3月28日金曜日 午後3:30~6:30
場所: 市ヶ谷ハウス(下に地図があります)
〒162-0064 東京都新宿区市谷仲之町3-5
Tel 03-3359-4608 Fax 03-3358-9525
主催: 循環器麻酔研究会
対象: 薬理学研究者、麻酔科学研究者、医学・理科系学生
参加費: 1,000円(学生さんは無料です)

プログラム

15:30 - 16:30
”Mechanism of action of general anesthetics on neuroreceptors and ion channels”

全身麻酔薬は、アセチルコリン・GABA・グルタミン酸など様々な神経伝達物質受容体に作用する。この作用をどう解釈すれば「麻酔」を説明できるだろうか? 我々の最新研究を紹介する。

17:00 - 18:00
”Unique mechanism of action of Alzheimer’s drugs on brain nicotine acetylcholine receptors and NMDA receptors”

アルツハイマー病患者では、脳のニコチン性アセチルコリン受容体やNMDA受容体が減少している。これらの系に作用する新しい薬物が、この病気の治療のために開発されている。我々の最新研究を紹介する。

演者:Toshio Narahashi,PhD
John Evans Professor of Pharmacology
Alfred Newton Richards Professor
Department of Molecular Pharmacology and Biological Chemistry
Northwestern University Medical School

座長:尾崎 眞
東京女子医科大学麻酔科学教室 主任教授

18:30 - 20:30 懇親会 @ 市ヶ谷ハウス

麻酔のメカニズムやアルツハイマー病に関心がある皆様、どうぞふるってご参加下さい!

地図はここです。
http://www8.plala.or.jp/kurata/ichigaya_house.jpg


+脳神経++