2003年CBI学会大会が下記の要領で、人材を募集中だ。最新情報は「バイオ関係者、皆のホームページ」人材補助金欄、もしくは専門情報サイト「人財」のバイオ関連求人ニュースでアクセスできる。
バイオ関係者の求人情報は、毎日、午前・午後更新する。どうぞ毎日2回以上ご確認ください。


●大学や公的研究機関の人材募集は無料掲載、企業は有料です。詳細はmiyata@nikkeibp.co.jpまでメールください。


2003年CBI学会大会 9月17日(水)~19日(金)
***2003年CBI学会大会のお知らせ***



会期 2003年9月17日(水)~19日(金)
会場 こまばエミナース(東京都目黒区大橋2-19-5)
主催 情報計算化学生物学会 Chem-Bio Informatics Society
趣旨 New Frontier for Chem-Bio Informatics
2003年は、Double Helix発見50周年であり、ヒトゲノム完全解読が予定されています。この記念すべき年の大会をCBI学会の新たな挑戦のスタートの機会にしたいと考えています。CBI学会は、1981年以来化学と生物関連科学への情報技術や計算技法に関する学術情報の交流を積極的に進めており、ゲノム解析とそれに続くポストゲノム研究の中でその先駆性が明らかになっています。この先駆性は過去の常識や分野に捕らわれない伝統の根ざしているものです。2000年以来過去3回の大会の開催により、CBI学会が幅広い分野の研究者に認識され、より多様性のある研究者集団に進化しています。本年度の大会はこの研究者集団が横断的に議論するための場所とし、その結果CBI学会を新たな創造の場にすることを目的としています。
その目的を実現するため、7つの分野について最先端の話題に関するReviewと若手研究者の講演を行うことにより、それぞれの分野の最先端の研究の面白さと可能性を理解できるようにします。また、懇親会をやめ、ポスターセッションの場所でのミキサーを行うことにより、さまざまな分野の研究者が交流できる場所を作ることにしました。
本大会が、他の学会では決して味会うことのできない異分野交流の場所となり、より先駆的な研究、技術開発のきっかけとなればと企画しました。これまでCBI学会に参加されたことのない方も含めて多数の参加を期待しています。
●ウェブサイト http://www.cbi.or.jp