血液製剤は供給量に限りがあるなどの問題があるため、人工血潜在的な市場は大きい。特に開発が進んでおり、市場が大きい人工赤血球は、副作用を克服した新型の開発が進展し、国内でも2003年度からヒトでの評価と大量製造技術の開発が始まる。

 人工血液の国内市場の詳細は、日経バイオテク2003年3月3日号バイオ・マーケットハイライトに掲載した。



《お知らせ》
 日経バイオテクでは、特集記事である「バイオ・インテリジェンス」と、研究開発や市場動向を独自分析した「バイオ・マーケットハイライト」を紙媒体のみで提供しています。

●「日経バイオテク」(ニューズレター)のお申込みはこちらから (http://bio.nikkeibp.co.jp/bio/nbt/index.html)