??バイオ関係者の必読誌「日経バイオビジネス」
●「日経バイオビジネス」は、医薬・医療、食品、化成品、環境、ITなど幅広いバイオテクノロジー分野をカバーするバイオ専門情報誌。
●国内外のバイオの最新動向を捉えるとともに、技術、経営などあらゆる角度からバイオが進みゆく方向と可能性を提示します。
●高度な専門知識をもつ編集記者が独自の取材ネットワークと20年以上にわたり蓄積した情報データベースを駆使し、分析・評価・予測します。
●研究、開発、経営、企画、マーケティング、営業・・・すべてのバイオ関係者に求められる幅広い視野と本質を捉える確かな視点が、毎月届くこの1冊に??
???????????????????http://bio.nikkeibp.co.jp/

**「日経バイオビジネス」最新号(2003年3月号)*********
==============================
【特集1】●遺伝子診断「小さな市場に大きな夢」
==============================
テーラーメード医療時代の基盤技術とされる遺伝子診断。試薬メーカーや診断薬メーカーが技術開発に乗り出しているが、「感染症の診断用ぐらいしか市場はない」との声が聞こえてくる。しかし、一方で治療薬選択用の診断薬や術中のがんの転移の診断装置などの開発が進んでいる。個々の市場は小さいが、多様な用途で活躍することになりそうだ。

==============================
【特集2】●急増するGMP施設建設「完成時に泣かない発注のポイント」
==============================
医師主導の治験制度化をにらんで治療薬のGMP(優良製造規範)に対応したラボを設置する大学が急増している。しかし、思惑と外れて、GMPの水準に達しない施設、使い勝手の悪い施設になり、完成後使えず事実上放置されたり、作り直したりする例も出ている。求められる施設の水準とは何か?施工業者への指示はどこに気をつけるべきか、ポイントを徹底レポート。

==============================
【緊急リポート】●両社経営幹部に聞く??帝人・杏林製薬、経営統合の真意
==============================
1月23日に電撃発表された帝人医薬医療事業と杏林製薬の経営統合。医薬事業の強化を図る帝人、生き残り競争が激化する医薬品業界で規模拡大を模索する杏林製薬。両者の思惑はどこで一致したか。成算はどこにあるのか?強力な呼吸器疾患薬を抱える2社の統合は本当にシナジー効果を生むか?

==============================
【NEWSSCAN】●クローンエイド社のB.ボワセリエ社長インタビュー??クローンは人工授精の1技術だ ●グリッド商用化実験??「ゲノム情報からの創薬標的探し」で実力明らかに ●薬事法外で使われるサリドマイド??厚労省の対応開始に製薬は静観 ●三共が「ノスカール」の副作用を研究??ゲノム解析で「容疑者」を割り出し ●家電メーカーから生まれた電極チップ??脳神経の電気信号を簡単に測定 ●アルコール燃料への課税は合法??高コストのバイオマス燃料に逆風 ●食品の機能評価プロジェクト始まる??味の素、サントリーなど大手が参加
==============================

==============================
【特別リポート】●副作用報告が相次ぐ「イレッサ」??分子標的薬の苦い教訓
==============================
イレッサの副作用症例のうち約6割が間質性肺炎だ。そのうち、イレッサとの因果関係が否定できない症例は118症例にのぼる。なぜ間質性肺炎は起きるのか。イレッサは狙った標的に作用しているのか。副作用の症例からイレッサの創薬を検証する。

==============================
【テクノトレンド】●天然のリガンド・ライブラリー??ラクダ抗体で創薬デザイン
==============================
普通の抗体はH鎖とL鎖で抗原を捕捉する。しかしラクダやラマの一部の抗体はH鎖しか持たない。H鎖単独でも抗体として役割を果たす秘密を追究すれば新薬探索に道が開けそうだ。

==============================
【疾走するバイオインフォマティクス】●患者の遺伝子情報を保護する処理を適切に行う??匿名化システムで倫理指針をクリア
==============================
経済産業省、厚生労働省、文部科学省の3省が「ヒトゲノム・遺伝子解析研究に関する倫理指針」を公開。ヒトの遺伝子研究はこの指針に従って進めなければならなくなった。この際、匿名化は必要だが、倫理指針に準拠したコンピューターシステムは、多数の検体を短時間で匿名化する。規制をクリアするばかりでなく、患者の情報を確実に保護できる。

==============================
【ベンチャーフラッシュ】●ネーテック(糖鎖技術)糖鎖技術で安全な出生前検査法開発●セルメデシン(がん免疫活性化療法)自家がんワクチンを事業化
==============================

==============================
【キーパーソンインタビュー】●「日本は糖鎖の先進国??今、投資すれば欧米に勝てる」~大阪大学大学院医学系研究科教授 谷口直之氏
==============================

==============================
【開発物語】●資生堂 制汗剤「Ag+」??研究者の粘りがヒット生む
==============================

==============================
【バイオ人消息】●「細胞治療のベンチャー起業に奔走の日々」~北海道大学 西村孝司氏 ●「食材の機能を研究し他店にないメニューを」~大庄 中村隆弘氏
==============================

==============================
【探針】●「知識創造に不可欠なのは研究者の志と創造的議論」~一橋大学大学院国際企業戦略研究科教授 野中郁次郎氏
==============================

==============================
【連載】●バーチャル・ドラッグ・デザイン「膨大な数の候補化合物をコンピューターで選別」~小山尚彦氏
==============================
ハイ・スループット・スクリーニングの発達により膨大なヒット化合物が見つかるようになった。しかし、リード化合物の探索を困難にもする。in vitro実験の数を抑えるために化合物の絞り込みが必要になる。

==============================
【連載】●パイプライン研究「糖尿病治療薬??インスリン抵抗性改善薬の競争熾烈」~伊藤勝彦氏 
==============================
国内メーカーが創薬して海外に導出するなど、日本が世界をリードする分野だ。世界に先駆けて発売できれば大型化しそうなものもいくつかある。

==============================
【連載】●薬物・動態入門「エーザイのアルツハイマー病治療薬??『アリセプト』化合物中間体が見せた実力」~堀江透氏 
==============================
コリン仮説のアプローチに基づき開発されたドネペジル(アリセプト)。勝因は候補化合物の薬物動態の早期解明。それに基づき合成展開を行ったこと。それに1つの偶然が加わって、アルツハイマー病の治療薬が誕生した。

==============================
【連載】●バイオ探偵団「特許の国際出願の費用はどうしてこんなに高い?」
==============================
高い、高いといわれる海外特許の取得費用。国際競争が激化するバイオ分野では、避けて通れない問題だ。安くすませるためには、特許取得の可能性を吟味し、無駄に出願しないことにつきるようだ。

==============================
【連載】●ワールド・ニュース・ウオッチ「承認獲得レースの勝者と敗者」~高橋新氏
==============================
ファブリー病薬の市場独占権はトランスカリヨティック社を押さえてジェンザイム社が取得の見込み。乾癬治療薬はジェネンテック社より一足早く、バイオジェン社の「アメビブ」が承認を得た。

==============================
【広告企画&各社製品ガイド】
==============================
●フローサイトメトリー&セルソーター
●バイオ研究の発展に寄与するイメージング技術
●第7回創薬ゲノム展注目出展製品プレビュー
●Products GUIDE
●人材募集

??????????????????????????????
★3大特典付き「年間購読」受付中~今すぐお申込みください!★
今「日経バイオビジネス」の年間購読をお申込みいただくと、今回ご案内した最新号からご購読いただけます。しかも下記3大特典付き!
この機会をお見逃しなく!
●特典1:業界リーダーが語る「国内バイオ市場2005年の姿」(*)を無料贈呈
●特典2:田中耕一さんが語る「初めて明かす技術者の本音」(*2)を無料贈呈
●特典3:「読者限定Eメール」無料配信(*3)
(*)「日経バイオビジネス」2002年6月号からの抜刷、A4変型判、20頁、非売品
(*2)「日経バイオビジネス」2002年12月号からの抜刷、A4変型判、12頁、非売品
(*3)編集長による最新トピックスの独自解説。毎週配信中。配信開始までに2週間程度かかります。
▼「日経バイオビジネス」年間購読のお申込みは下記URLから▼
http://biobiz.nikkeibp.co.jp/
??????????????????????????????

【PR】????????????????????????????
====================================================================
■■【日経バイオ年鑑2003】~特別付録CD-ROMでキーワード検索自由自在
====================================================================
市場規模1兆4300億円を突破した2002年のバイオ市場全体の概況解説のほか、
ガン、細胞医薬などをはじめ医薬、食品、環境、サービスなど主要10分野152
項目にわたり、現有市場と成長性を分析・予測。さらに対象・物質名毎に論
文発表からフェーズ段階、実用・製品化状況まで国内外の主要動向を一覧掲載。
他では入手できない確かな研究・開発・実用化データが満載です。インターネ
ットによる検索では偏りや手間暇がかかる情報収集もCD-ROMで効率化できます。
http://bio.nikkeibp.co.jp/bio/recommend_pub/02.html

====================================================================
■■【日経バイオ最新用語辞典】~用語検索OK、毎月新語が追加されるOL版
====================================================================
昨年9月に発行し多くのバイオ関係者から高い評価をいただいている「日経
バイオ最新用語辞典<第5版>」。既存の専門分野別用語辞典ではフォロー
できない収録分野の広さと実用化情報まで踏み込んだ解説が好評です。さら
に今回版で新たに開始した「オンライン版」サービスは、用語検索ができる
ほか、続々登場するバイオ分野の新語が毎月UPされるため、常に”最新”の
用語辞典としてご活用いただけます。詳細、お申込みは今すぐ下記URLから。
http://bio.nikkeibp.co.jp/bio/recommend_pub/01.html
????????????????????????????【PR】